• みずき書林

阿呆の条件

ふん。

要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。


僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。

アホというのはどういうことか。

①に、ことばで説明しようという意志がないこと。

言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。

②に、まっとうな優しさがないこと。

これも別にいつもニコニコしていろというわけではない。でも、お前らは公共のための仕事をしているんじゃないのか。議員とか大臣とかいうつまらない立場ではなくて、普通の人の立場になって考えてみてはどうか。

ことばにする意欲を持っていない人、他者に配慮しようという意識がない人、僕はこれをアホと呼びたい。


共同体のリーダーになるべき資質、という点において、この国はなにか決定的にはき違えていないだろうか。


まだ総括するには早すぎるけれど、ようするにこの1年半、政府は言語化と配慮の努力を蔑ろにした結果、「皆で協力して乗り切ろう」という気持ちを醸成することに完全に失敗した。

そのかわり、分断と差別と不信感を蔓延させた。

共同体の仕切り役として不適であるのは明らかだろう。


最新記事

すべて表示

1週間前、退院。 自宅はすっかり在宅療養仕様。 介護ベッド。 手すり付きのトイレ。 ここをイメージしながら、最後のラスボスとの戦いをイメージする。

こんなにもエントリーの間が空いたことはなく、ご心配とご迷惑をおかけしています。 毎日同じように布団の中で眠っているだけです。だけど今後の治療の大きな方針も立ちました。 まだまだがんばります。 先月先月21-から23日今月まだ、しかかけない。

木曜にケモ。 金曜に4回目ワクチン(オミクロン対応)。 ワクチンの副反応で38度超えの熱が出て、そこに抗がん剤の副作用の倦怠感と吐き気が重なって、かなり辛い。 この週末はずっと病臥。 熱が高いから、文字通りずっとこんこんと眠ってるだけ。20本立てくらいの悪夢を見る。 大事な食事会でポークローストを無惨に焦がしたり、友人たちと丘の上から巨大なキノコ雲を眺めたり、そういった類の大小の悪夢を次々と。 食