• みずき書林

難民支援の寄付報告→7月~9月はペット支援に。


5月10日~7月10日の小社ウェブショップの売上の5%にあたる3000円を、国連UNHCR協会の難民支援に寄付しました。



毎回少額なんですけど、それでも自分なりにやれる仕組みを作って、継続していくのが大事だと思います。

日々次々と起こる社会的な問題の中で、戦争という最大の案件を自分のなかで風化させないためにも。



引き続き、7月11日~9月10日までの期間も、ウェブショップの売上の5%を寄付します。

第三期となる今回は、公益社団法人アニマル・ドネーションが主導している。ウクライナの動物のための緊急支援基金に寄付しようと思います。

詳細はこちらから。



難民とともに、難動物ともいうべきペットたちが生まれています。

やっぱり犬を飼っているとね、そういうのが気になるのです。

たとえば災害なんかが起こって、クリームと離れ離れになるかと想像すると、もう涙がこぼれるのです、不覚ながら(笑)。


しかしまあ、笑いごとではありません。

戦争では、実際にそんなふうにペットと生き別れになる事案がたくさん発生しています。


というわけで、ささやかながら今回もよろしくお願いします!




最新記事

すべて表示

今日から日常復帰。通常業務に戻る。 メールに返信をして、電話をして、ゲラにチェックを入れて、本の発送手配をする。 お昼は蕎麦を茹でて、出汁巻き卵を巻く。 でも、ふと手を休めると力が抜けそうになる。 仕事の合間に、『旅をひとさじ』の特設サイトに智秋さんがアップしていた33本の旅のエッセイを読み直す。 そのうち1本は僕が書いたものだから、32本か。 彼女の口調そのままの文章。 きみに肉体がないとは、ふ