• みずき書林

非常勤の授業スタート


昨日から非常勤講師の授業開始。


今年はオンラインということで、自宅でパソコンに向かって喋る。

前期で苦労した知り合いの先生方からいろいろ噂には聞いていた、オンライン授業の諸問題。というのを実地で実感しています。


1コマ目は7人の演習形式。

2コマ目は160人くらいの講義形式。


前者はグループワークが中心になるので、オンラインでそれがうまくできるかどうか。

昨日は僕ばかり喋るガイダンス的な話だったので、来週からが本番。

議論のときはミュートを解除して、自由に喋ってもらう。

顔出しOKの人は顔を見せてくれると、少しはディスカッションがスムーズになるかもしれない。

自己紹介してもらったら、今年の学生もけっこう発言する。

機会さえあれば、意外と物怖じしないんだよな。そういう意味では安心。

まあ、いまは社会全体がこんな感じだから、オンラインでのコミュニケーションスキルは、これからも継続的に必要になると思う。学生のうちにオンラインミーティングで自由に発言することに慣れるのは、それ自体が貴重な学習になるのかも。


2コマ目の160人相手の講義。

この人数だと当然ながら全員ミュート。

顔出しはだれひとりしていない。

160個のグレーの小窓が並ぶ。誰が住んでいるのかわからない巨大なアパートを見上げているよう。

これが噂の、「誰が聞いているのかまったくわからない状態での講義」か。

初回なので、声が聞こえているか、画像共有ができているか、投票機能がうまく動作するかなど動作確認を兼ねて進めていく。

チャットで「見えてます!」「画像シェア大丈夫です」などと書いてくれると、安心する。

というか、チャットと投票機能の回答だけが、この画面の向こうに誰かがいる証である。

これは授業というより、ラジオをやっている感覚に近いのではないか(やったことないから知らないけど)。

画面越しの相手と交流する機会を増やしていかないと。



まあ、心配していたネット周りのトラブルもなく、まず順調に初回終了。

あとはこの環境で、少しでもましな内容にするための工夫をどこまでできるか。


1年ぶりに思い出したが、90分×2回を喋り続けたあとのビールは異様にうまし。


最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン