top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

髪を切った夕方には


夕方、久しぶりに髪を切りに行く。

外は雨で、せっかく咲いた桜の花が雨に叩かれて散っていく。

5時頃に終了。さっぱりする。


以前だったらこの時間に恵比寿の駅前にいたら、スーパーで晩ごはんの買い物をしてから家に帰るところだ。

髪を切ってもらいながら、献立を考える。冷蔵庫のなかに何が残っていたっけ。お酒はあるんだっけ。そんなことも考えながら。

このまえから美味しいパスタが食べたかったんだった。

王道のカルボナーラなんかはどうだろう。だったらブロックベーコンがあればいい。卵と黒胡椒とニンニクとチーズは冷蔵庫にあったはず。

あとは野菜だけど、雨が降っていてちょっと肌寒いので、蒸し野菜にしよう。芽キャベツ、新じゃが、新玉ねぎを蒸籠で蒸す。梅干しがあったから、オリーブオイルやポン酢をつかって簡単なドレッシングを作ろう。

それとビールと白ワインをひと瓶。

そんなことを考えながら買い物を済ませて家に帰る。

6時30分くらいから料理にとりかかる。ビールをグラスに注いで、BGMは高野寛の傑作『Rainbow Magic』にしよう。


……そんなことをすることもなくなりました。

今日も髪を切りにいく直前に吐いたばかりです。

お腹が重たくて食事はまったく量を食べられなくて、料理をする気もなかなか起きませんん。まことに残念なことながら。


そんなふうに失われた習慣のことを考えると、呆然としてしまいます。

時代劇風に言うと、無念、ということばがぴったりです。

僕が禁じ手にしている用語でいうなら、未練です。

未練は悲しくてキリがないから、考えてはいけません。

でもそれでも、久しぶりに髪を切って、雨に濡れる桜並木を歩いている夕方などは、なくしてしまった楽しい時間のことを思い出して、悲しくなってしまうのです。


昔作ったカルボナーラ。我が家のカルボナーラはクリーム不使用でヘルシー。

最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

明日退院予定

今日退院予定でしたが、まだ病院にいます。 明日には退院予定です。 しかし体調は悪く、病状は一歩悪くなったという自覚があります。 吐き気とお腹の張りが慢性的にあり、苦しい。 点滴のほかに鼻とお腹からチューブが出ているから、見た目にもかなり痛々しいと思います。(次に僕に会う人は、引かないようにお願いします) 入院前のように普通に振る舞うことはもうできないかもしれません。長時間大きな声で喋ると吐きそうに

Comments


bottom of page