top of page
  • みずき書林

魔法が使えたら


もし一度だけ魔法が使えるなら僕に使ってくれるというメッセージをもらった。

もし一度だけ魔法が使えるなら、僕にも使いたい人がいる。

そんなふうに、みんなが魔法を使いあえればいい。



僕が最期に乗る小舟には、みずき書林の本を乗せてほしい。

それを持って、まずは早坂暁先生のところに行く。

『あの世の景色』と題した続編を書き下ろしてもらおう。遅筆で有名な人だけど、時間は有り余るほどあるはず。

大林宣彦監督にも会いに行こう。

保苅実さんにも会いたい。

あっちの版元も楽しそうだ。

でもあなたたちは当分の間は来るな。



愛犬に手編みのセーターをいただいた。

なんとみずき書林のロゴが編みこんであった。

それを見た瞬間に落涙しそうになったけど、ちょうどドアベルが鳴った。

明治牛乳の飛び込み営業だった。

だから幸か不幸か、涙は引っ込んだ。

明治乳業、ありがとさん。



最新記事

すべて表示

新しく出版社を立ち上げた堀郁夫くんのブログを読んでいます。 もともとうちから刊行する予定だった『原爆写真を追う』の新刊情報もアップされました。四十手前の男を捕まえて何ですが、新しいことを始めるひとの初々しさを感じます。 今日は少し、いや、けっこう羨ましい感情が不意に湧き起こって眩暈がするようでした。 僕にはもう新しいことを始める余力はありません。いまやっていることのひとつに、遺言状の制作があります

病気がわかって生活が変わる前と比べて自分が不幸になったかと自問してみると、あまりそうとも思えない。 もちろん、あれやこれやと制限は多くなった。なんやかんやと体調も悪い。このあれやこれややなんやかんやの中身を詳しく書き始めるといくらでも書けてしまうということはある。その最大のものとしては、やはり死が年齢不相応に間近なものになった。そういう意味では、不自由のない暮らしからは遠く隔たった。 でもいわゆる

bottom of page