• みずき書林

3連休(下)


16日(日)は上野の森美術館「世界を変えた書物展」へ。

休日の午後ということでものすごいクラウド。ちょっと落ち着いて見られる雰囲気ではありませんでした。

しかもけっこう若い人が多かったような気がします。

ある意味では、稀覯本や書物文化というトピックにこれだけ多くの関心が集まるということは、なかなか捨てたものではないというか、慶賀すべき事態なのだと思います。

(まあ、入場無料というタダの力も大きかったかもしれませんが。これが500円でも入場料をとっていれば、来場者数はぐっと少なかったかもしれません)

人の波を縫いながら、すいているガラスケースを狙って時おり足を止めてのぞき込む、というような見方になってしまいましたが、ともあれ書物文化の香りを嗅ぎました。


アメ横で牛モモ、豚モモ、豚バラ、羊ミンチなど3キロ以上の肉を買い込んで帰宅。


写真撮影OKというのも素晴らしい。

17日(月)。

料理ばかり作っていたような一日。

主に昨日アメ横で買った食材を消費しつつ。

昼は、店で食べてずっと前から気に入っていて、昨日ついに入手した豆腐干絲を使った前菜。

メインは極細卵麺を使った塩ラーメン。豆苗と海老を乗せて。


夜はローストビーフとローストポークというロースト二連発。ともに低温調理で、山葵&マヨネーズと、マスタード&マンゴージャムの2種類のソースとたっぷりの蒸し野菜を添えて。

牛肉と豚肉はまだたっぷり残っています。

さあ、どう料理するか。

しばらく楽しめそうです。



中華料理でおなじみのコレです。豆腐干絲。トウフカンスというらしい。


シンプルなローストビーフ。

最新記事

すべて表示

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

プロの授業を聴講

先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。 去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。 大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。 内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。 なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。 1.PCスキルが高い 2.スライドが見やすい 3

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.