• みずき書林

3連休(下)


16日(日)は上野の森美術館「世界を変えた書物展」へ。

休日の午後ということでものすごいクラウド。ちょっと落ち着いて見られる雰囲気ではありませんでした。

しかもけっこう若い人が多かったような気がします。

ある意味では、稀覯本や書物文化というトピックにこれだけ多くの関心が集まるということは、なかなか捨てたものではないというか、慶賀すべき事態なのだと思います。

(まあ、入場無料というタダの力も大きかったかもしれませんが。これが500円でも入場料をとっていれば、来場者数はぐっと少なかったかもしれません)

人の波を縫いながら、すいているガラスケースを狙って時おり足を止めてのぞき込む、というような見方になってしまいましたが、ともあれ書物文化の香りを嗅ぎました。


アメ横で牛モモ、豚モモ、豚バラ、羊ミンチなど3キロ以上の肉を買い込んで帰宅。


写真撮影OKというのも素晴らしい。

17日(月)。

料理ばかり作っていたような一日。

主に昨日アメ横で買った食材を消費しつつ。

昼は、店で食べてずっと前から気に入っていて、昨日ついに入手した豆腐干絲を使った前菜。

メインは極細卵麺を使った塩ラーメン。豆苗と海老を乗せて。


夜はローストビーフとローストポークというロースト二連発。ともに低温調理で、山葵&マヨネーズと、マスタード&マンゴージャムの2種類のソースとたっぷりの蒸し野菜を添えて。

牛肉と豚肉はまだたっぷり残っています。

さあ、どう料理するか。

しばらく楽しめそうです。



中華料理でおなじみのコレです。豆腐干絲。トウフカンスというらしい。


シンプルなローストビーフ。

最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.