top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

3連休(下)


16日(日)は上野の森美術館「世界を変えた書物展」へ。

休日の午後ということでものすごいクラウド。ちょっと落ち着いて見られる雰囲気ではありませんでした。

しかもけっこう若い人が多かったような気がします。

ある意味では、稀覯本や書物文化というトピックにこれだけ多くの関心が集まるということは、なかなか捨てたものではないというか、慶賀すべき事態なのだと思います。

(まあ、入場無料というタダの力も大きかったかもしれませんが。これが500円でも入場料をとっていれば、来場者数はぐっと少なかったかもしれません)

人の波を縫いながら、すいているガラスケースを狙って時おり足を止めてのぞき込む、というような見方になってしまいましたが、ともあれ書物文化の香りを嗅ぎました。


アメ横で牛モモ、豚モモ、豚バラ、羊ミンチなど3キロ以上の肉を買い込んで帰宅。


写真撮影OKというのも素晴らしい。

17日(月)。

料理ばかり作っていたような一日。

主に昨日アメ横で買った食材を消費しつつ。

昼は、店で食べてずっと前から気に入っていて、昨日ついに入手した豆腐干絲を使った前菜。

メインは極細卵麺を使った塩ラーメン。豆苗と海老を乗せて。


夜はローストビーフとローストポークというロースト二連発。ともに低温調理で、山葵&マヨネーズと、マスタード&マンゴージャムの2種類のソースとたっぷりの蒸し野菜を添えて。

牛肉と豚肉はまだたっぷり残っています。

さあ、どう料理するか。

しばらく楽しめそうです。



中華料理でおなじみのコレです。豆腐干絲。トウフカンスというらしい。


シンプルなローストビーフ。

最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page