• みずき書林

3連休(下)


16日(日)は上野の森美術館「世界を変えた書物展」へ。

休日の午後ということでものすごいクラウド。ちょっと落ち着いて見られる雰囲気ではありませんでした。

しかもけっこう若い人が多かったような気がします。

ある意味では、稀覯本や書物文化というトピックにこれだけ多くの関心が集まるということは、なかなか捨てたものではないというか、慶賀すべき事態なのだと思います。

(まあ、入場無料というタダの力も大きかったかもしれませんが。これが500円でも入場料をとっていれば、来場者数はぐっと少なかったかもしれません)

人の波を縫いながら、すいているガラスケースを狙って時おり足を止めてのぞき込む、というような見方になってしまいましたが、ともあれ書物文化の香りを嗅ぎました。


アメ横で牛モモ、豚モモ、豚バラ、羊ミンチなど3キロ以上の肉を買い込んで帰宅。


写真撮影OKというのも素晴らしい。

17日(月)。

料理ばかり作っていたような一日。

主に昨日アメ横で買った食材を消費しつつ。

昼は、店で食べてずっと前から気に入っていて、昨日ついに入手した豆腐干絲を使った前菜。

メインは極細卵麺を使った塩ラーメン。豆苗と海老を乗せて。


夜はローストビーフとローストポークというロースト二連発。ともに低温調理で、山葵&マヨネーズと、マスタード&マンゴージャムの2種類のソースとたっぷりの蒸し野菜を添えて。

牛肉と豚肉はまだたっぷり残っています。

さあ、どう料理するか。

しばらく楽しめそうです。



中華料理でおなじみのコレです。豆腐干絲。トウフカンスというらしい。


シンプルなローストビーフ。

最新記事

すべて表示

具合悪い。

といっても、流行り病などではない。 朝から飲まず食わずなところへ、発泡剤とバリウムを飲まされて、台の上でぐるんぐるんにされて。 ほんとに嫌いなんだよな。 そのあと、下剤まで飲まされてさ。 これをやるたびに、その日ずっと体調が悪い。 食欲がなく、お腹がどんよりして、10歳くらい歳をとったような気がする。 な~にが健康診断だよ。 この薄甘い水溶きセメントを飲まされるたびに、僕は心身ともに弱っていく。

ゆるゆる決算ふわふわ経理

決算。 税理士さんとの打ち合わせ。 決算・経理系の話し合いだけは、いつになく真面目な顔でやるのですが…… 税「今年はけっこうたくさん本を出しましたね」 僕「はい。それなりに」 税「今年刊行した本を確認していきたいんですが、(書類をめくりながら)まずこのどんどんと……ええと……」 僕「ああ、はい。むきむきですかね」 税「そうですね、どんどんとむきむき。それとこのうとうと……」 僕「うとうと? うとう

「なぜ歴史に関心があるんですか?」

この1週間で、2回同じ質問をされました。 「どうして戦争や近現代史の本を出すようになったんですか?」 2回とも、うまく答えられませんでした。 というか、ひとに言うほどのカッコいいストーリーがあるわけではないんです。 無理に説明しようとすれば、いくつかの要因はあるかもしれません。 たとえば、 『火垂るの墓』を観に行ったとき、隣で号泣していた祖母のこと。 高校時代の担任で、かわいがってくれた歴史の先生