• みずき書林

A・ビナード氏のトークイベント


小沢信男さんとアーサー・ビナードさんの対談イベント@シアターX。

ビナードさんは、昨年の今頃『もしも、詩があったら』を読んで、それ以来気になっていました。


ガダルカナル島で創られた詩と、その戦いについて現地を取材したときの話。

515、226、911(そしてもちろん311)など、日付を事件名にするときには、為政者にとって不都合な側面を、無色透明な日付で糊塗しようという意図があるのではないかという指摘。

第五福竜丸の乗組員は単なるかわいそうな被害者ではなく、米軍の核実験という絶対的な極秘作戦を目撃しながら、たくみな操船・無線を使わないという判断・灰を集めて保管するという行動でそこから生還した冷静な人たちでもあったこと。

などなど、興味深い話でした。


さりげないタイミングで話題を変え、的確に短く質問し、基本的にはビナードさんの語りを引き出すという、小沢さんの省エネ話術も見ていて楽しいものでした。

さすがの91歳です。


なお、対談は2時間30分に及びましたが、その間にビナードさんが口にした外来語は、たぶん3つだけでした。

途中からそのことが気になって数えはじめたので、もしかしたら冒頭30分くらいの間にはもう少し喋っていたかもしれませんが、少なくとも僕が気づいたうちでは、固有名詞を除けば、彼が言った英語由来のことばはたった3つ(ネットワーク・リマインド・ターニングポイント)だけ。

どこまで意識していたのかはわかりませんが、日本人以上に日本人らしいことばづかいの人でした。


本とは違って、けっこう毒舌なのも楽しかった。


最新記事

すべて表示

ハイブリッド授業

オンライン授業にもやっと慣れてきたと思ったら。 10月からはハイブリッドでやるよーにとお達しが来た。 まあ話す内容が大きく変わるわけではないし、こういうのは一回やって慣れてしまえばどうということはないのだけど。 オンラインで見ている学生と、教室のスクリーンで見ている学生に、うまく同じ画像をシェアできるのか。 音声はマイクを通してハウリングしないのか。 対面とオンラインで、対話がうまくできるのか。

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.