• みずき書林

A・ビナード氏のトークイベント


小沢信男さんとアーサー・ビナードさんの対談イベント@シアターX。

ビナードさんは、昨年の今頃『もしも、詩があったら』を読んで、それ以来気になっていました。


ガダルカナル島で創られた詩と、その戦いについて現地を取材したときの話。

515、226、911(そしてもちろん311)など、日付を事件名にするときには、為政者にとって不都合な側面を、無色透明な日付で糊塗しようという意図があるのではないかという指摘。

第五福竜丸の乗組員は単なるかわいそうな被害者ではなく、米軍の核実験という絶対的な極秘作戦を目撃しながら、たくみな操船・無線を使わないという判断・灰を集めて保管するという行動でそこから生還した冷静な人たちでもあったこと。

などなど、興味深い話でした。


さりげないタイミングで話題を変え、的確に短く質問し、基本的にはビナードさんの語りを引き出すという、小沢さんの省エネ話術も見ていて楽しいものでした。

さすがの91歳です。


なお、対談は2時間30分に及びましたが、その間にビナードさんが口にした外来語は、たぶん3つだけでした。

途中からそのことが気になって数えはじめたので、もしかしたら冒頭30分くらいの間にはもう少し喋っていたかもしれませんが、少なくとも僕が気づいたうちでは、固有名詞を除けば、彼が言った英語由来のことばはたった3つ(ネットワーク・リマインド・ターニングポイント)だけ。

どこまで意識していたのかはわかりませんが、日本人以上に日本人らしいことばづかいの人でした。


本とは違って、けっこう毒舌なのも楽しかった。


最新記事

すべて表示

岡山県の女学生の日記を読む会

1月のうちに3冊下版というのは、久しぶり。 前職のときは全然あるシチュエーションでしたが、みずき書林になってからは本の作り方そのものを変えたこともあって、なかなかない。 考えてみれば、創業のときに6~7月で4冊刊行したとき以来かもしれません。 その合間を縫って、日曜日には研究会に参加していました。 どこまで書いていいのかわからないのですべての固有名詞を伏せますが、岡山県の女生徒が戦時中に綴った日記

どんなふうに暮らしていけばいいのか、あらためて整理してみた。

さて。 首都圏のみなさまにはいかがお過ごしでしょうか。 もう1回経験したことですから、ゆったりした気持ちで臨みましょう。 幸いにも、僕自身の暮らしはそうは変わらないはずです。 もちろん今後どうなるかはわかりませんが、医療従事者や飲食関係者、そのほか接客業・店舗など直接的に即効的に影響を受ける方々に比べれば、まだしも耐えやすいのは確かです。 そういう境遇にいることに感謝しつつ、誰かに迷惑をかけないよ

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.