top of page
  • みずき書林

㊗1000件目――5/11

このエントリーが、記念すべき1000件目。


サイトを作ってブログを書き始めたのは、2018年の7月頃。

約4年が経ちました。


長いテキストで恐縮なのですが、お時間のある方は以下の記事を読んでみてほしい。

ブログを書き始めてわずか9件目のエントリー。

2018年7月6日に書いたものです。

私が社長だったころ


いまだに、この頃の気持ちをありありと思い出すことができる。

そのいっぽうで、すっかり変わってしまった感情もある。


この4年間で僕はかなり変わったと思う。心身ともに。


このころ感じていた、不安と焦りと怒りはもう僕の中にはない。


おそらく僕は、60歳になることはない。


「私の人生は、どこにでもあるイージーなものだ。

自分で切り拓いた、ハードだけど自由な人生ではない。」


と書いているが、僕の人生はイージーなものではなくなった。

でもこの頃考えていた「自由な人生」に少しは近づいていると思う。自由、というほどのものではないかもしれないが、まあボーナスステージみたいな感じはある。


ハードモードだけどボーナスステージ。


不幸とはなにか。生きてるってどういうことなのか。

そんなことを考えながら、ひとまず次の1100件の区切りを目指す。


最新記事

すべて表示

新しく出版社を立ち上げた堀郁夫くんのブログを読んでいます。 もともとうちから刊行する予定だった『原爆写真を追う』の新刊情報もアップされました。四十手前の男を捕まえて何ですが、新しいことを始めるひとの初々しさを感じます。 今日は少し、いや、けっこう羨ましい感情が不意に湧き起こって眩暈がするようでした。 僕にはもう新しいことを始める余力はありません。いまやっていることのひとつに、遺言状の制作があります

bottom of page