• みずき書林

㊗1000件目――5/11

このエントリーが、記念すべき1000件目。


サイトを作ってブログを書き始めたのは、2018年の7月頃。

約4年が経ちました。


長いテキストで恐縮なのですが、お時間のある方は以下の記事を読んでみてほしい。

ブログを書き始めてわずか9件目のエントリー。

2018年7月6日に書いたものです。

私が社長だったころ


いまだに、この頃の気持ちをありありと思い出すことができる。

そのいっぽうで、すっかり変わってしまった感情もある。


この4年間で僕はかなり変わったと思う。心身ともに。


このころ感じていた、不安と焦りと怒りはもう僕の中にはない。


おそらく僕は、60歳になることはない。


「私の人生は、どこにでもあるイージーなものだ。

自分で切り拓いた、ハードだけど自由な人生ではない。」


と書いているが、僕の人生はイージーなものではなくなった。

でもこの頃考えていた「自由な人生」に少しは近づいていると思う。自由、というほどのものではないかもしれないが、まあボーナスステージみたいな感じはある。


ハードモードだけどボーナスステージ。


不幸とはなにか。生きてるってどういうことなのか。

そんなことを考えながら、ひとまず次の1100件の区切りを目指す。


最新記事

すべて表示

28日(水)はデザイナー宗利さんを中心として、宗利さんにお世話になっているひとり出版社仲間が集まって会食。 思えば前職を辞めてみずき書林を立ち上げたとき、真っ先に連絡をとったのが組版の江尻さんと、デザイナーの宗利さんでした。 新しい出版社での仕事は、このおふたりと組めれば最高だと思っていました。 いまなお、ずっと付き合いが続いているのは、とても幸福なことです。 29日(木)はケモ。 10時に家を出