• みずき書林

2匹のハチ公と戦争


いまの渋谷の忠犬ハチ公像が2代目だというのは、わりと有名だと思います。


しかし、なぜ2代目なのか、初代はどうなったのかということは、(まあWikipediaなどに書いてあることではありますが)あまり知られていないかもしれません。

ハチ公にもまた、戦争がもたらしたちょっとした歴史的ツイストがあります。


初代ハチ公像は、鹿児島出身の彫刻家・安藤照によって作られ、1934年4月21日に除幕式が行われました(なお、除幕式にはハチ自身も参列しましたが、ハチは翌年3月に死亡しています)。

除幕式から10年後、戦中の金属供出によってハチ公像は溶解されることになり、10月12日に「出陣式」が行われて撤去されます。

1944年10月といえば、10日に沖縄本島などに対して空襲があり、18日には捷一号作戦が発令、20日には米軍がレイテ島に上陸し、レイテ沖海戦で日本軍は大敗することになります。このとき、はじめての神風特攻隊が出撃しています。

駅前の銅像まで撤去しなければならないほど、戦費は逼迫していました。


安藤照は翌45年5月25日の、いわゆる山の手大空襲で自宅防空壕で死去します。

そしてハチが実際に溶解されたのは8月14日。

つまり初代ハチ公が「戦死」したのは、玉音放送があって戦争が終わる前日です。

初代ハチ公は、機関車の部品になったといわれています。


戦後になり、ここからさらにツイストが加わります。


1948年には、照の息子の士(たけし)の手によって、いまの2代目ハチ公が完成しますが、このときも敗戦後で銅不足だったため、父の作品である銅像を溶かして鋳直して2代目にしたとのことです。

そのために溶解された父の遺作は女性像で、「大空に」という名前が付けられていました。

父が死んだ5月25日の空襲で破壊されて、安藤家の庭に残されていたものだったといいます。


照と士がどういう親子関係だったのかは知りませんが、父と息子が戦争をはさんで(しかも父の遺品を材料にして)同じ像を作ることになったわけです。


「大空に」、どんな作品だったのでしょうね。

それはもう二度と見ることはできません。

それは渋谷のハチ公のなかに埋め込まれています。




最新記事

すべて表示

具合悪い。

といっても、流行り病などではない。 朝から飲まず食わずなところへ、発泡剤とバリウムを飲まされて、台の上でぐるんぐるんにされて。 ほんとに嫌いなんだよな。 そのあと、下剤まで飲まされてさ。 これをやるたびに、その日ずっと体調が悪い。 食欲がなく、お腹がどんよりして、10歳くらい歳をとったような気がする。 な~にが健康診断だよ。 この薄甘い水溶きセメントを飲まされるたびに、僕は心身ともに弱っていく。

ゆるゆる決算ふわふわ経理

決算。 税理士さんとの打ち合わせ。 決算・経理系の話し合いだけは、いつになく真面目な顔でやるのですが…… 税「今年はけっこうたくさん本を出しましたね」 僕「はい。それなりに」 税「今年刊行した本を確認していきたいんですが、(書類をめくりながら)まずこのどんどんと……ええと……」 僕「ああ、はい。むきむきですかね」 税「そうですね、どんどんとむきむき。それとこのうとうと……」 僕「うとうと? うとう

「なぜ歴史に関心があるんですか?」

この1週間で、2回同じ質問をされました。 「どうして戦争や近現代史の本を出すようになったんですか?」 2回とも、うまく答えられませんでした。 というか、ひとに言うほどのカッコいいストーリーがあるわけではないんです。 無理に説明しようとすれば、いくつかの要因はあるかもしれません。 たとえば、 『火垂るの墓』を観に行ったとき、隣で号泣していた祖母のこと。 高校時代の担任で、かわいがってくれた歴史の先生