• みずき書林

2020年、みずき書林の5大ニュース


大晦日ですね。

以下今年のニュース。

順番は重要度ではない。起こった順。


1.正月早々高熱を発して寝込む

(寝てたら下瞼のくぼみに汗が溜まるくらい高熱だった。いま思えばあれはインフルだった)


2.紅茶をこぼして、キーボードを壊す。

(地味だ)


3.電子化した

(全アイテムはまだなんだけど。しかしわかっていたことではあるが、別に電子化したからといって売り上げが目に見えてアップするわけではなかた……)


4.はじめてのオンライン授業

(まあ、世間のほとんどの教師が初体験だったんだろうな、今年は。今年度はアーヤさん、藤岡さん、大川さんにゲスト登壇いただくという栄に浴しました)


5.すごい自炊した

(まあこれも世間のほとんどの皆さんがそうだろうな、今年は。しかしほんとによく飯を作った。一番繰り返し作ったのは、たぶんひじきの煮物)




こうしてみると、今年はアレだ、やっぱりコロナの影響で、ニュースとしては比較的平穏。地味といえば地味め。

しかし感情の起伏はすごかったな。

ほとんどどこにも行かなかったのに、すごいあっという間に終わって、いろいろあった感じがする。


最新記事

すべて表示

出版計画2021

今年の出版計画。 まだ情報アップできない企画も多いのでゆるっとしか書きませんが……。 大川史織編著 『なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 蘭信三・小倉康嗣・今野日出晴編 『なぜ戦争体験を継承するのか―ポスト体験時代の歴史実践』 この2点はもうすぐ刊行。 それに続くのが、 野入直美著『沖縄-奄美の境界変動と人の移動―実業家・重田辰弥の生活史』 このあたりまでは確定。 そのほか

〈お知らせ〉小社の年末年始休暇について

みずき書林の年末年始の休暇は、 ありません。 というのは、コロナのアレで今年は帰省しないんですね。 ずっと東京にいます。 まあ、適当に休みますよ。さすがに正月くらいは。 でもやりたいこと=やらなきゃいけないこともあるし、どこにも行く用事はないので、ゆるゆる仕事をしているんじゃないかな。 今年はほんと、年末感がない。 忘年会もサシ飲みをしただけ。 というわけで、年末年始もがんがんメールを送るかもしれ

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.