• みずき書林

223件目


まもなく、創業して1年が経とうとしています。

実質的には、昨年の3月頭頃から設立の準備を始めたのですが、実際に登記などが完了して会社がかたちを持ったのは、2018年4月13日です。明後日ですね。

僕自身の誕生日が3月13日なので、ちょうど1カ月後で覚えやすかったので、この日にしました。


過去のブログを見ると、このサイトを開設したのが5月22日

そして思い立って、毎日(に近い感じで)ブログの更新を始めたのが8月23日


この最初期の3カ月間でアップした記事は、たったの11本(笑)。

いま思えば、この3カ月もブログを書いておけばよかったと思います。

なんといっても設立直後で、毎日やることがたくさんありましたから。書いておけば、後になってきっと楽しかっただろうなと思います。

しかしあの頃は、余裕がありませんでした。

時間的な余裕もそうですが、もっと大きかったのは精神的なゆとりのなさでした。

人前に出ることが苦手で、これまで自分が前面に出て発信するような仕事の仕方をしてきていなかったので、こういうテキストを書いて晒すことに気持ちの上で抵抗感が強かったんですね。

最初のころの文章を読むと、かなりおっかなびっくり書いているのがよくわかります。


いまはまあ、あの頃に比べれば多少は慣れました。

多少突っ込んだことを書いても誰も別に気にしないことをがわかりました(このブログの唯一のルールは「誰も・何も否定しない」という一点だけです)。

なにより、誰かが読んでくれて話題にしてくれる時の、喜びや楽しさも知りました。

ちょっと照れるし恥ずかしいのですが、しかし内心はやはり嬉しい。


いつのまにか記事も200本を超えました(ちなみに、この記事が223件目)。

2年目も、楽しい予定や新しいことがいっぱい。

毎日書くことも、せっかく身につけた習慣なので、これからもよちよち続けていきましょう。


最新記事

すべて表示

具合悪い。

といっても、流行り病などではない。 朝から飲まず食わずなところへ、発泡剤とバリウムを飲まされて、台の上でぐるんぐるんにされて。 ほんとに嫌いなんだよな。 そのあと、下剤まで飲まされてさ。 これをやるたびに、その日ずっと体調が悪い。 食欲がなく、お腹がどんよりして、10歳くらい歳をとったような気がする。 な~にが健康診断だよ。 この薄甘い水溶きセメントを飲まされるたびに、僕は心身ともに弱っていく。

ゆるゆる決算ふわふわ経理

決算。 税理士さんとの打ち合わせ。 決算・経理系の話し合いだけは、いつになく真面目な顔でやるのですが…… 税「今年はけっこうたくさん本を出しましたね」 僕「はい。それなりに」 税「今年刊行した本を確認していきたいんですが、(書類をめくりながら)まずこのどんどんと……ええと……」 僕「ああ、はい。むきむきですかね」 税「そうですね、どんどんとむきむき。それとこのうとうと……」 僕「うとうと? うとう

「なぜ歴史に関心があるんですか?」

この1週間で、2回同じ質問をされました。 「どうして戦争や近現代史の本を出すようになったんですか?」 2回とも、うまく答えられませんでした。 というか、ひとに言うほどのカッコいいストーリーがあるわけではないんです。 無理に説明しようとすれば、いくつかの要因はあるかもしれません。 たとえば、 『火垂るの墓』を観に行ったとき、隣で号泣していた祖母のこと。 高校時代の担任で、かわいがってくれた歴史の先生