• みずき書林

223件目


まもなく、創業して1年が経とうとしています。

実質的には、昨年の3月頭頃から設立の準備を始めたのですが、実際に登記などが完了して会社がかたちを持ったのは、2018年4月13日です。明後日ですね。

僕自身の誕生日が3月13日なので、ちょうど1カ月後で覚えやすかったので、この日にしました。


過去のブログを見ると、このサイトを開設したのが5月22日

そして思い立って、毎日(に近い感じで)ブログの更新を始めたのが8月23日


この最初期の3カ月間でアップした記事は、たったの11本(笑)。

いま思えば、この3カ月もブログを書いておけばよかったと思います。

なんといっても設立直後で、毎日やることがたくさんありましたから。書いておけば、後になってきっと楽しかっただろうなと思います。

しかしあの頃は、余裕がありませんでした。

時間的な余裕もそうですが、もっと大きかったのは精神的なゆとりのなさでした。

人前に出ることが苦手で、これまで自分が前面に出て発信するような仕事の仕方をしてきていなかったので、こういうテキストを書いて晒すことに気持ちの上で抵抗感が強かったんですね。

最初のころの文章を読むと、かなりおっかなびっくり書いているのがよくわかります。


いまはまあ、あの頃に比べれば多少は慣れました。

多少突っ込んだことを書いても誰も別に気にしないことをがわかりました(このブログの唯一のルールは「誰も・何も否定しない」という一点だけです)。

なにより、誰かが読んでくれて話題にしてくれる時の、喜びや楽しさも知りました。

ちょっと照れるし恥ずかしいのですが、しかし内心はやはり嬉しい。


いつのまにか記事も200本を超えました(ちなみに、この記事が223件目)。

2年目も、楽しい予定や新しいことがいっぱい。

毎日書くことも、せっかく身につけた習慣なので、これからもよちよち続けていきましょう。


最新記事

すべて表示

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

プロの授業を聴講

先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。 去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。 大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。 内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。 なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。 1.PCスキルが高い 2.スライドが見やすい 3

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.