top of page
  • みずき書林

3大ニュース


2022年のみずき書林3大ニュース


第3位

「新刊刊行点数表、過去最多の8点」

こんな状態ながら、過去最多の8点の新刊を刊行しました。

大きなボリュームの研究書からZINEまで、社会学、文学からアーサー王物語まで、多彩な本が揃いました。



第2位

「夏、松本智秋さんを見送る」

そんな新刊のひとつ『旅をひとさじ てくてくラーハ日記』の著者である智秋さんを8/1に失いました。

短い付き合いでしたが、ほんとによく笑い、泣き、いろんなことを話し合った著者であり友人でした。


そして第1位は…………。



「元気で、まだ生きてる」

これが1番のニュースです。

この冬の入院期間中は、正直、かなりヤバいところまで落ち込みました。そこからなんとか甦り、いまは周囲も驚くほど元気を回復しています。

この体調がいつまで保つかはわかりません。

でもいま現在元気で生きてること自体がひとつの驚きです。

せめて最後は景気のいいニュースで飾りたかったのですが、いまはこれが精一杯。


みなさま、良いお年をお迎えください。

来年もよろしくお願い申し上げます。


年越し蕎麦茶。温かくて美味しい。

最新記事

すべて表示

新しく出版社を立ち上げた堀郁夫くんのブログを読んでいます。 もともとうちから刊行する予定だった『原爆写真を追う』の新刊情報もアップされました。四十手前の男を捕まえて何ですが、新しいことを始めるひとの初々しさを感じます。 今日は少し、いや、けっこう羨ましい感情が不意に湧き起こって眩暈がするようでした。 僕にはもう新しいことを始める余力はありません。いまやっていることのひとつに、遺言状の制作があります

bottom of page