top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

3大ニュース


2022年のみずき書林3大ニュース


第3位

「新刊刊行点数表、過去最多の8点」

こんな状態ながら、過去最多の8点の新刊を刊行しました。

大きなボリュームの研究書からZINEまで、社会学、文学からアーサー王物語まで、多彩な本が揃いました。



第2位

「夏、松本智秋さんを見送る」

そんな新刊のひとつ『旅をひとさじ てくてくラーハ日記』の著者である智秋さんを8/1に失いました。

短い付き合いでしたが、ほんとによく笑い、泣き、いろんなことを話し合った著者であり友人でした。


そして第1位は…………。



「元気で、まだ生きてる」

これが1番のニュースです。

この冬の入院期間中は、正直、かなりヤバいところまで落ち込みました。そこからなんとか甦り、いまは周囲も驚くほど元気を回復しています。

この体調がいつまで保つかはわかりません。

でもいま現在元気で生きてること自体がひとつの驚きです。

せめて最後は景気のいいニュースで飾りたかったのですが、いまはこれが精一杯。


みなさま、良いお年をお迎えください。

来年もよろしくお願い申し上げます。


年越し蕎麦茶。温かくて美味しい。

最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page