top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

8月6日――1945年の日記とロシア料理

更新日:2022年8月8日

8月6日(土)


広島の日。姉の誕生日。

午後から明治学院にて進行中の新企画の研究会。

日記にまつわる企画。


それぞれの「推し」の日記をプレゼンして、書籍に掲載するテキストを絞り込んでいく作業。

数は十分に出揃っていて、むしろこの先、泣く泣く落としていく作業に決断力を要しそう。

月一ペースの研究会だけど、いまのところ順調に進行していると思う。



研究会が終わり、対面参加だった田中さんと大川さんと、中目黒のロシア/ジョージア料理のお店へ。

静かな住宅地の中の一軒家の地下、他のお客さんも少なく、居心地の良さそうな店。ロシア人のお母さんが切り盛りしている。

智秋さんに献杯。

田中さんも大川さんも智秋さんと仲良くなって、最後はみんなで彼女の引っ越しも手伝った。みんなで会ったのは、それが文字通り最後になった。

ロールキャベツ、ぺリメニ、茄子の料理、ロシア風ピラフ、ハンバーグなどなど。

気のいいロシア人のお母さんがロシアのウイスキーをサービスしてくれる。

いつのまにか、お母さんの連れ合いと娘さんもカウンターにいて、ジョージアの写真など見せてくれる。

紙ナプキンに電話番号を書いて渡してくれる。事前に電話予約しておけば、ヒンカリも作ってくれるんだって。智秋さん、ぜったい好きな店だ。

彼女の話に花が咲く。


次は見元さんも誘って来よう。

次は『旅をひとさじ』も持って来よう。



〈翌日追記〉

見元さんに話したら、すでに3年前に智秋さんと一緒に行ったことがあるとのこと。さすがだ。




最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page