top of page
  • みずき書林

うちの仔

「うちの仔が一番かわいい(or かしこい)」


「うちの仔は自分を犬だと思ってない」


「うちの仔は人間のことばがわかる」


これが、愛犬家たちのわけわからん妄言トップ3だと思っていました。

目じりを下げ、鼻の下を伸ばしながらこんなことを言う人に会うたびに、冷たい視線を送ってきました。


しかし、いまわかりました。


うちの仔が一番かわいいし賢いし、うちの仔は自分を犬だと思ってないし、当然のことながら、人間のことばがわかる。





今日は(も)、書いておきたいことがたくさん起こりました。

今日考えたことや交わされたことば、立てられた計画については、いつか書いて残しておきたいと思います。

しかしもう眠い。

クリームも寝ました。

僕も寝よう。


最新記事

すべて表示

新しく出版社を立ち上げた堀郁夫くんのブログを読んでいます。 もともとうちから刊行する予定だった『原爆写真を追う』の新刊情報もアップされました。四十手前の男を捕まえて何ですが、新しいことを始めるひとの初々しさを感じます。 今日は少し、いや、けっこう羨ましい感情が不意に湧き起こって眩暈がするようでした。 僕にはもう新しいことを始める余力はありません。いまやっていることのひとつに、遺言状の制作があります

bottom of page