• みずき書林

アジカン

アジカン後藤氏は、いまの日本のロックミュージシャンのなかでは、とてもおもしろい詩を書くひとりだ。

前から聴いてたけど、前職の同僚が好きで、また聞き返している。

彼の過去作に、


できればぼくは世界を塗り替えたい
戦争をなくすような大それたことじゃない
でもちょっと、それもあるよな

俳優や映画スターにはなれないそれどころか
君の前でさえ上手に笑えない

という感じの歌詞がある。


出版やってると、とくに近現代史の本なんか作ってると、この感じ、すごくよくわかる気がする時があるんだ。


戦争を変えられるなんて本気で思ってるほどナイーブじゃない。だけどそのよすがみたいなものになら、なれるかもしれない。

そのもっとも簡単な方法は、本を通して身近な人に笑ってもらうことだけど、でも自分のほうからはそんなにうまく笑いかけられてない。

なのに身近なみんなにはもっと笑っていてほしいと願っている、



最新記事

すべて表示

退院して、ひとまず体調を自分のコントロール下に置くことを目指しつつ、日々を過ごしています。訪問看護師の方たちの手厚い看護も本当にありがたい。 こうなってみると、かつての僕にはそれなりの気力や体力が備わっていたのだと思います。 いまはそれらが愕然とするほど落ちている。 ……いま、寝落ちして、この間に15分ほど空いた。 かける量も減った。 でもできる範囲のことを少しずつ。 ああ、もう、それしかないのよ

1週間前、退院。 自宅はすっかり在宅療養仕様。 介護ベッド。 手すり付きのトイレ。 ここをイメージしながら、最後のラスボスとの戦いをイメージする。