top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

アジカン

アジカン後藤氏は、いまの日本のロックミュージシャンのなかでは、とてもおもしろい詩を書くひとりだ。

前から聴いてたけど、前職の同僚が好きで、また聞き返している。

彼の過去作に、


できればぼくは世界を塗り替えたい
戦争をなくすような大それたことじゃない
でもちょっと、それもあるよな

俳優や映画スターにはなれないそれどころか
君の前でさえ上手に笑えない

という感じの歌詞がある。


出版やってると、とくに近現代史の本なんか作ってると、この感じ、すごくよくわかる気がする時があるんだ。


戦争を変えられるなんて本気で思ってるほどナイーブじゃない。だけどそのよすがみたいなものになら、なれるかもしれない。

そのもっとも簡単な方法は、本を通して身近な人に笑ってもらうことだけど、でも自分のほうからはそんなにうまく笑いかけられてない。

なのに身近なみんなにはもっと笑っていてほしいと願っている、



最新記事

すべて表示

ずいぶん暖かい一日。 ここ数日苦しめられていた吐き気も今日は比較的穏やかに推移してくれています。 春眠暁を覚えずというべきか、やたらに眠い午前中を過ごしました。 午後からは仕事。 いま進行中の企画についてオンラインMTGを1時間ほど。 どれくらいのボリュームの本にするのか決めるためには、もう少し内容を精査する必要がある。 それからノルマにしている、自分の本の執筆をブログ3日分。ようやく2019年の

bottom of page