top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

アジカン

アジカン後藤氏は、いまの日本のロックミュージシャンのなかでは、とてもおもしろい詩を書くひとりだ。

前から聴いてたけど、前職の同僚が好きで、また聞き返している。

彼の過去作に、


できればぼくは世界を塗り替えたい
戦争をなくすような大それたことじゃない
でもちょっと、それもあるよな

俳優や映画スターにはなれないそれどころか
君の前でさえ上手に笑えない

という感じの歌詞がある。


出版やってると、とくに近現代史の本なんか作ってると、この感じ、すごくよくわかる気がする時があるんだ。


戦争を変えられるなんて本気で思ってるほどナイーブじゃない。だけどそのよすがみたいなものになら、なれるかもしれない。

そのもっとも簡単な方法は、本を通して身近な人に笑ってもらうことだけど、でも自分のほうからはそんなにうまく笑いかけられてない。

なのに身近なみんなにはもっと笑っていてほしいと願っている、



最新記事

すべて表示

岡田林太郎についてのお知らせ

岡田林太郎の妻です。 いつもこのBlogを楽しみにしてくださり、ありがとうございます。 かねてから病気療養中でした岡田林太郎が、去る7月3日の3:00ごろ自宅で息をひきとりました。 享年45歳でした。 一般的にみれば、早すぎる死といわざるをえません。 ですが本人は、短い人生だったけれど悔いはないとさっぱりした口調で申していました。 これもひとえに、夫と縁をもってくださった皆さまと充実した時間を過ご

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

bottom of page