top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

冨五郎忌


今日は4月25日。

78年前、マーシャルで飢えで亡くなった日本兵・佐藤冨五郎さんが2年間にわたって綴った日記の、絶筆を書いた日です。


二十五日 全ク働ケズ苦シム

日記書ケナイ

之ガ遺書

昭和二十年四月

二十五日


最後カナ


これを書いた翌日、冨五郎さんは39歳で亡くなります。

彼を知ったとき、僕もまた39歳でした。

いま、僕は彼の年齢を超えて、45歳になりました。

元気ではありませんが、まだ生きています。

冨五郎さんが日記を書き続けたように、僕もまた、最後までこのブログを書き続けたいと思っています。

こんなにも見事に、最後まで書き切ることができるでしょうか。

見習いたいと思うのです。





最新記事

すべて表示

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

bottom of page