• みずき書林

原稿書き


この秋からの授業の準備。

この週末にある方から、

「最初は喋ることをすべて原稿にしてました。慣れてくれば必要なくなるけど、最初はやはりそういうものがあると安心だから」

とアドバイスをいただきました。


それを受けて、ひとまず喋るべきことを片っ端から書き出してみました。

箇条書きとか、喋ることのメモレベルではなく、もう喋り言葉で、セリフをぜんぶ書く。

あたかも録音を文字起こししたかのような文体で、喋ることをどんどん書いていきます。

もしこれをアップしていいんなら、ブログのネタには当分困りません。


とりあえず2コマ分(90分×2回)を書き出してみました。

昨日と今日の空いた時間にがりがりと書いていって、A4に18頁、約16000字。

この分量が適切なのか、多すぎるのか、少なすぎるのか、さっぱりわかりません。

いま作っているのは演習の講義ノートなので、半分くらいはグループワークに費やします。

なので、僕が喋るのは45分程度。

これくらい書いておけば十分な気もしますが……。



しかしこれ、わかっていたことではありますが、それなりに時間かかるな。やはり。

もうひとつ、100%講義形式の授業もあるんだよな……。




最新記事

すべて表示

具合悪い。

といっても、流行り病などではない。 朝から飲まず食わずなところへ、発泡剤とバリウムを飲まされて、台の上でぐるんぐるんにされて。 ほんとに嫌いなんだよな。 そのあと、下剤まで飲まされてさ。 これをやるたびに、その日ずっと体調が悪い。 食欲がなく、お腹がどんよりして、10歳くらい歳をとったような気がする。 な~にが健康診断だよ。 この薄甘い水溶きセメントを飲まされるたびに、僕は心身ともに弱っていく。

ゆるゆる決算ふわふわ経理

決算。 税理士さんとの打ち合わせ。 決算・経理系の話し合いだけは、いつになく真面目な顔でやるのですが…… 税「今年はけっこうたくさん本を出しましたね」 僕「はい。それなりに」 税「今年刊行した本を確認していきたいんですが、(書類をめくりながら)まずこのどんどんと……ええと……」 僕「ああ、はい。むきむきですかね」 税「そうですね、どんどんとむきむき。それとこのうとうと……」 僕「うとうと? うとう

「なぜ歴史に関心があるんですか?」

この1週間で、2回同じ質問をされました。 「どうして戦争や近現代史の本を出すようになったんですか?」 2回とも、うまく答えられませんでした。 というか、ひとに言うほどのカッコいいストーリーがあるわけではないんです。 無理に説明しようとすれば、いくつかの要因はあるかもしれません。 たとえば、 『火垂るの墓』を観に行ったとき、隣で号泣していた祖母のこと。 高校時代の担任で、かわいがってくれた歴史の先生