• みずき書林

原稿書き


この秋からの授業の準備。

この週末にある方から、

「最初は喋ることをすべて原稿にしてました。慣れてくれば必要なくなるけど、最初はやはりそういうものがあると安心だから」

とアドバイスをいただきました。


それを受けて、ひとまず喋るべきことを片っ端から書き出してみました。

箇条書きとか、喋ることのメモレベルではなく、もう喋り言葉で、セリフをぜんぶ書く。

あたかも録音を文字起こししたかのような文体で、喋ることをどんどん書いていきます。

もしこれをアップしていいんなら、ブログのネタには当分困りません。


とりあえず2コマ分(90分×2回)を書き出してみました。

昨日と今日の空いた時間にがりがりと書いていって、A4に18頁、約16000字。

この分量が適切なのか、多すぎるのか、少なすぎるのか、さっぱりわかりません。

いま作っているのは演習の講義ノートなので、半分くらいはグループワークに費やします。

なので、僕が喋るのは45分程度。

これくらい書いておけば十分な気もしますが……。



しかしこれ、わかっていたことではありますが、それなりに時間かかるな。やはり。

もうひとつ、100%講義形式の授業もあるんだよな……。




最新記事

すべて表示

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

プロの授業を聴講

先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。 去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。 大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。 内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。 なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。 1.PCスキルが高い 2.スライドが見やすい 3

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.