• みずき書林

原稿書き


この秋からの授業の準備。

この週末にある方から、

「最初は喋ることをすべて原稿にしてました。慣れてくれば必要なくなるけど、最初はやはりそういうものがあると安心だから」

とアドバイスをいただきました。


それを受けて、ひとまず喋るべきことを片っ端から書き出してみました。

箇条書きとか、喋ることのメモレベルではなく、もう喋り言葉で、セリフをぜんぶ書く。

あたかも録音を文字起こししたかのような文体で、喋ることをどんどん書いていきます。

もしこれをアップしていいんなら、ブログのネタには当分困りません。


とりあえず2コマ分(90分×2回)を書き出してみました。

昨日と今日の空いた時間にがりがりと書いていって、A4に18頁、約16000字。

この分量が適切なのか、多すぎるのか、少なすぎるのか、さっぱりわかりません。

いま作っているのは演習の講義ノートなので、半分くらいはグループワークに費やします。

なので、僕が喋るのは45分程度。

これくらい書いておけば十分な気もしますが……。



しかしこれ、わかっていたことではありますが、それなりに時間かかるな。やはり。

もうひとつ、100%講義形式の授業もあるんだよな……。




最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.