• みずき書林

夜型に。


早寝して朝型を定着させようと思って、本をもって11時頃に布団に潜り込んだ。

読書しながら寝落ちして、目が覚めた。

そしたら12:30である。夜の。AMの。


いくら何でも早起きすぎだろう。

しかし眼が冴えちゃって、もう眠れません。


しかたないからとっとと起きて――こういうところがよくないのだが、薄い水割りを作ってちびちび飲みながら――明け方まで仕事をしたり読書をしたり。

本を2冊読了して、外が明るくなってきた頃にうとうとして、再び目覚めたら朝8時。


今日も早寝予定。

でもそこまでの早起きを望んでいるわけではない。

起きるのは6時くらいでいいよ。


最新記事

すべて表示

やめることは簡単なことではありません。

首相が「五輪をやめることは一番簡単なこと、楽なことだ。挑戦するのが政府の役割だ」と語ったとのこと。 やめるのは簡単なこと、楽なことではない。ある場合には、もっとも難しいことになる。 やめることは、始めることよりもはるかに難しい。 かつて、進むか退くかの判断に立たされた時に、この国の為政者や軍人たちは進むことを選択し、その結果、事態をより悪化させることになった。 彼らはなぜ進むことを選択したのか。そ