• みずき書林

少しずつ


いま正月4日ですが、いきなり2021年の山場を迎えつつある気がします(笑)。


2冊分の下版が迫っていて、一刻も早く完了させたいのですが、もちろんそう簡単にはいかない。

ここまで作業が大詰めになってくると、著者以外にも、印刷所・製本所・製紙といったプレイヤーがクローズアップされてきます。

入稿直前なので、組版さんやデザイナーさんの比重もいままで以上に大きくなってきます。

倉庫や流通関係とも入庫予定をこれから調整しないといけません。


そうこうしているうちに、その次の本の作業も迫ってきています。



今日はかなり捗った。

明日やるべきこともばっちり見えている。

少しずつ完成に近づいている。




最新記事

すべて表示

岡山県の女学生の日記を読む会

1月のうちに3冊下版というのは、久しぶり。 前職のときは全然あるシチュエーションでしたが、みずき書林になってからは本の作り方そのものを変えたこともあって、なかなかない。 考えてみれば、創業のときに6~7月で4冊刊行したとき以来かもしれません。 その合間を縫って、日曜日には研究会に参加していました。 どこまで書いていいのかわからないのですべての固有名詞を伏せますが、岡山県の女生徒が戦時中に綴った日記

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.