top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

死の試論


まったく練れていないんだけど、いま漠然と考えていることがあります。


死ぬということを、

①冒険的に 

②時間旅行的に 

把握することはできないか。


誰にとっても未知の場所に向かうことを冒険と呼ぶなら、死に向かうことも一種の冒険というふうに考えられないか。


誰にもわからない未来を知ることが時間旅行で可能になるとするなら、いまの僕は、他の人よりもほんの少しだけ未来が見えている状態というふうに考えられないか。


何を言っているのかわからない?

同感だ。僕も自分で何を言っているのかわかってない。


これはどちらも、この数日間の交流や仕事から直感的に生まれたアイデア。

どちらもまだぜんぜん上手に言えない。

うまく機能しない考え方かもしれない。

ただ――どこまで通用するのかわからないが――自分に理解できるようにこの事態をとらえ直そうとすることは、あるいは、より能動的にこの事態を迎えようと試みることは、一種の精神的な白血球の役割を果たすかもしれない。


ああ。そんなことより見てくれ。この可愛い生き物を。

最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page