• みずき書林

水面下で

なぜ戦争体験を継承するのか――ポスト体験時代の歴史実践

のレビューが、women's action network のサイトに掲載されました。

評者はやぎみね様。


戦争体験の<忘却>と<想起>のはざまで、未来への根源的な問いに迫る労作


小倉先生の論考を中心に、全体をバランスよくご紹介くださっています。

福島在行先生による「平和博物館関係研究文献リスト(2009~2019)」など、貴重な資料が載っているのも本書の特色のひとつですが、その点にも触れてくださっています。

ありがとうございます!


まだ公開できませんが、本書ではちょっと、いやかなり楽しみな計画も進行中です。


*


野入直美先生の

沖縄-奄美の境界変動と人の移動――実業家・重田辰弥の生活史

も、本命のひとつだった媒体から書評掲載の連絡が。

嬉しいですね。


銀座の沖縄アンテナショップ「わした」でも販売されるとか、されないとか。


*


そして大川史織さんの

なぜ戦争をえがくのか――戦争を知らない表現者たちの歴史実践

も、すごく楽しみな企画がふたつほど稼働中。

ミラクルが重なった3月5日のことは、またいつか書きたいと思います。

〈偶然を引き寄せる思いの強さ〉をもつ大川さんの本領が発揮された日でした。



というわけで、水面下でいろいろ動いています。



最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴