• みずき書林

索引地獄


一日索引を拾っていました。



みずき書林の5冊目の刊行物。

考えてみれば、みずき書林で索引を拾うのははじめてです。


社員がいれば人海戦術で潰すこともできますが、今回はひとり。索引をとってもひとり。

でも全750項目350頁か。まあなんとかなるな。

と思えるのは、前職でもっとエグい索引を作りまくった賜物か。

とはいえ、ひとりでもくもくとノンブルを拾ってエクセルに落とし込みまくるのは、地獄といえば地獄。

そして、時間の余裕があって雑音さえなければ、僕はこの単純作業が延々と続く地獄がそんなに嫌いじゃない(とはいえ現実的には時間の余裕はなく、雑音はある)。



紅茶をポットにたっぷり用意して、作業用のBGMを選んで(今回はdave matthews bandのライブ盤。ヴァイオリンとサックスが実にかっこいいですね)、部屋を暖かくして。

50分やって10分休む、というストロークを3セット繰り返すと、ランチ。

ランチ後も4セット。



まあまあのペースで、明日には拾い終わるでしょう。

それをチェックして、組んでもらい、先生方に校正をいただき、また直してもらい……明日はもう水曜日か。


ふむ。まずいな。



索引作ってわかったが、ランスロットが圧倒的な言及率。ガウェインなんかめじゃない。


最新記事

すべて表示

藤田省三と保苅実のことば

一日ずっとPC画面を見ながら原稿整理などしていたら、目が潰れそう。 いま編集中の、 『なぜ戦争体験を継承するのか』 という本の「終章」から、今野日出晴先生の原稿の一節。 〈藤田省三は、本来的には、自分を震撼する物事に対して自らを開いておくこと、物事によって揺り動かされることを歓迎するような態度こそが重要であり、物あるいは事態に対してのこの開放的態度をこそ自由な経験の基本条件としていた〉 ……戦争体

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.