• みずき書林

索引地獄


一日索引を拾っていました。



みずき書林の5冊目の刊行物。

考えてみれば、みずき書林で索引を拾うのははじめてです。


社員がいれば人海戦術で潰すこともできますが、今回はひとり。索引をとってもひとり。

でも全750項目350頁か。まあなんとかなるな。

と思えるのは、前職でもっとエグい索引を作りまくった賜物か。

とはいえ、ひとりでもくもくとノンブルを拾ってエクセルに落とし込みまくるのは、地獄といえば地獄。

そして、時間の余裕があって雑音さえなければ、僕はこの単純作業が延々と続く地獄がそんなに嫌いじゃない(とはいえ現実的には時間の余裕はなく、雑音はある)。



紅茶をポットにたっぷり用意して、作業用のBGMを選んで(今回はdave matthews bandのライブ盤。ヴァイオリンとサックスが実にかっこいいですね)、部屋を暖かくして。

50分やって10分休む、というストロークを3セット繰り返すと、ランチ。

ランチ後も4セット。



まあまあのペースで、明日には拾い終わるでしょう。

それをチェックして、組んでもらい、先生方に校正をいただき、また直してもらい……明日はもう水曜日か。


ふむ。まずいな。



索引作ってわかったが、ランスロットが圧倒的な言及率。ガウェインなんかめじゃない。


最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴