top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

索引地獄


一日索引を拾っていました。



みずき書林の5冊目の刊行物。

考えてみれば、みずき書林で索引を拾うのははじめてです。


社員がいれば人海戦術で潰すこともできますが、今回はひとり。索引をとってもひとり。

でも全750項目350頁か。まあなんとかなるな。

と思えるのは、前職でもっとエグい索引を作りまくった賜物か。

とはいえ、ひとりでもくもくとノンブルを拾ってエクセルに落とし込みまくるのは、地獄といえば地獄。

そして、時間の余裕があって雑音さえなければ、僕はこの単純作業が延々と続く地獄がそんなに嫌いじゃない(とはいえ現実的には時間の余裕はなく、雑音はある)。



紅茶をポットにたっぷり用意して、作業用のBGMを選んで(今回はdave matthews bandのライブ盤。ヴァイオリンとサックスが実にかっこいいですね)、部屋を暖かくして。

50分やって10分休む、というストロークを3セット繰り返すと、ランチ。

ランチ後も4セット。



まあまあのペースで、明日には拾い終わるでしょう。

それをチェックして、組んでもらい、先生方に校正をいただき、また直してもらい……明日はもう水曜日か。


ふむ。まずいな。



索引作ってわかったが、ランスロットが圧倒的な言及率。ガウェインなんかめじゃない。


最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comments


bottom of page