top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

15年前

この週末は実家の岡山から両親が来ていました。

妻と4人で、15年前に僕らが結婚式をしたレストランに行きました。


結婚15周年は「水晶婚式」というのだとか。

なかなかいっぱしな感じですね。


生ハムの盛り合わせ

ゴルゴンゾーラムースのクロスティーニ蜂蜜添え

蟹と海老のフィットチーネ トマトクリームソース

帆立と蕪の葉のリゾット

真鯛のアクアパッツァ

牛肉のタリアータ


15年経って、人生はある一点を除けばそんなに悪くない。

あの頃想像していたよりはるかに充実していると言ってもいい。

ある一点においてだけは最悪だ。これ以上ないほどに。16年目はないかもしれないほどに。

しかしそれすらも、いまの充実を感じさせてくれている最大の要因かもしれない。


ともあれ、この15年間、だれひとり欠けることなく(店が潰れることもなく)同じレストランを再訪できて楽しかったのでした。


これはその翌日。自分で作ったボンゴレビアンコ。

最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page