• みずき書林

15年前

この週末は実家の岡山から両親が来ていました。

妻と4人で、15年前に僕らが結婚式をしたレストランに行きました。


結婚15周年は「水晶婚式」というのだとか。

なかなかいっぱしな感じですね。


生ハムの盛り合わせ

ゴルゴンゾーラムースのクロスティーニ蜂蜜添え

蟹と海老のフィットチーネ トマトクリームソース

帆立と蕪の葉のリゾット

真鯛のアクアパッツァ

牛肉のタリアータ


15年経って、人生はある一点を除けばそんなに悪くない。

あの頃想像していたよりはるかに充実していると言ってもいい。

ある一点においてだけは最悪だ。これ以上ないほどに。16年目はないかもしれないほどに。

しかしそれすらも、いまの充実を感じさせてくれている最大の要因かもしれない。


ともあれ、この15年間、だれひとり欠けることなく(店が潰れることもなく)同じレストランを再訪できて楽しかったのでした。


これはその翌日。自分で作ったボンゴレビアンコ。

最新記事

すべて表示

1週間前、退院。 自宅はすっかり在宅療養仕様。 介護ベッド。 手すり付きのトイレ。 ここをイメージしながら、最後のラスボスとの戦いをイメージする。

こんなにもエントリーの間が空いたことはなく、ご心配とご迷惑をおかけしています。 毎日同じように布団の中で眠っているだけです。だけど今後の治療の大きな方針も立ちました。 まだまだがんばります。 先月先月21-から23日今月まだ、しかかけない。

木曜にケモ。 金曜に4回目ワクチン(オミクロン対応)。 ワクチンの副反応で38度超えの熱が出て、そこに抗がん剤の副作用の倦怠感と吐き気が重なって、かなり辛い。 この週末はずっと病臥。 熱が高いから、文字通りずっとこんこんと眠ってるだけ。20本立てくらいの悪夢を見る。 大事な食事会でポークローストを無惨に焦がしたり、友人たちと丘の上から巨大なキノコ雲を眺めたり、そういった類の大小の悪夢を次々と。 食