• みずき書林

たわし

内勤ばっかりで、誰にも会わない日が続くとどうなるか。 僕の場合は、パジャマのままで一日過ごすといったことはしません。 朝はちゃんと着替えます。 まあ着替えるとはいってもセーターとかパーカーとかラフなものばかりですが。 とはいえ、いちおうちゃんと着替えて顔を洗って歯を磨いて。 温かい紅茶を淹れて、朝ごはんを食べます。 朝食は、場合によってはそうとう手抜きします。そもそも手どころかまるごと抜くときもある。 今朝はドーナツと紅茶。 オールドファッションドのドーナツは雪の降る日に作りおいたお手製なのですが、朝ごはんとしてテキトーなのは否めない。 ここまで読むと、意外とちゃんとしていると思われるかもしれない。 僕の場合、ちゃんとしていないのは顔である。 より正確にいうと、髭。 ひげの濃い男性にしかわからないだろうけど、毎朝ひげ剃るのって、すごく面倒臭いのよ。 たまにミスってあごを剃っちゃったりするし。 だから誰にも会わないとなると、油断して髭をまったく剃らない。 たわしみたいな顔で仕事しています。 近所のスーパーに買い物に出かけて、向こうからむさくるしい奴が歩いてくると思ったら、ガラスに映った自分だった。

自撮り写真はひどすぎたので自粛。ドーナツの画を。

最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴