• みずき書林

ツバメ

毎年、家の近所に燕が巣を作ります。 作ります、というか、去年の空き家にそのまま入居してくるのです。 それを観察するのが、春の楽しみのひとつです。


二週間ほど前から一羽が暮らしていましたが、昨日から二羽に増えました。 ぴんと伸びた尾羽がかっこいいですね。 毎年、季節はめぐり、燕たちはどこからか戻ってきては、夏前にはまた旅立っていきます。 俺らは大ピンチだ。

例年に比べて、下界は寂しそうにみえるかもしれん。 でもお前らは健やかに暮らしてください。

最新記事

すべて表示

この2カ月の幸福/不幸

自分ががんだという告知を受けてから、2か月余りが経ちました。 この間、自分は不幸であったか。と問うならば、そうではなかったと思うのです。 むしろ、幸福であったと言ってみたい気持ちすらあります。 もちろん、痛みや苦しみを感じている瞬間は、そんなふうに思う余裕はありません。 毎日薬を飲まなくてはいけなくて、化学療法のあと数日間は気分や体調がすぐれないサイクルが必ずやってくるというのも、喜ばしい状態では