top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

新潮社


いったいなに考えてるんだ。新潮社。

RTはもちろん、リンクも画像もアップしたくないから、ここではテキストだけで話を進めめる。



ここまで露悪的・悪趣味なキャンペーンだと、逆に何らかの意図があるのかもしれないと勘ぐってしまう。


いくらなんでも新潮社のスタッフも、これが下品なキャンペーンであることは自覚していると思われる。

ほんとに面白いと思ってやっているならただ愚かなだけだが、あえてやっているなら余計たちが悪い。

スタッフも作家も、低劣なバカ騒ぎであることを意識してやっているのであれば、たとえ批判されたとしても、

「こっちはそんなことはわかっててやってるんだよ」

「シャレがわかんねえやつはしょうがねえなあ」

「アンチだろうがなんだろうが、騒げば騒ぐほど、俺らの手の平で踊ってるだけ」

という冷笑的なスタンスで開き直って、批判や忠告をかわすつもりなのかもしれない。


炎上させて本を売ろうという目的なのだろうが、そんなことやって明日食うメシがうまいかよ。


ここまであからさまに品がないと、

・アカを乗っ取られでもして、新潮社が知らないところで起こったことなのか。

・この作家の裸の王様感を露呈させるために、自爆スイッチを起動させたのか。

・あるいは、数日後に誰も予想していなかったような痛快なオチをtweetしてくれるんじゃないか。

と、すがるような思いで期待している。




昨晩、以前に仕事をご一緒した先生から、メールをいただきました。

刊行したての新刊を買ってくださり、とても嬉しい感想を伝えてくださいました。

そういう声を聞けるのは、本を作る大きな喜びのひとつです。

そういう声は、やっぱり著者や関係者に伝えたくなります。

感想や意見を著者たちとシェアして、あらためて作った本について話し合うのは、(たとえ批判的な意見だったとしても、それがまっとうなものであるなら)よい体験になります。


でもそれは、褒めちぎってヨイショ感想文を送ったら金券がもらえる、ということとは全然違うのではないですか?

誰に媚びようとしているのでしょうか? 

あるいは誰を小ばかにしようとしているのでしょうか?

良質な版元を代表すべき御社がやることではない。


最新記事

すべて表示

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

今日はデザイナーさんと打ち合わせ。 ①『戦争社会学研究』の次号の装丁 ②新企画その1レイアウト ③新企画その2レイアウト の依頼。2時間ほど。NHKの取材も入る。 やはり人と会って仕事を前に進めるのは、楽しい時間だ。 特に今回は思い入れのある新企画がふたつあって、そのレイアウトについて話ができたのは喜ばしい時間だった。宗利さんにお任せすればきっと格好良くていいレイアウトになってくると信じられる。

病気になって以来、活動量は減った。 一時はもう仕事はできないと思って会社を閉じようと思い、仕事を整理した時期もあったため、刊行ペースは落ちている。 体力・筋力も落ちて外出もなかなかしづらくなった。打ち合わせは基本的に自宅か、恵比寿・広尾界隈に関係者のかたに来てもらうかたちで行っている。 フットワーク軽くいろんな場所やイベントに出かけていくこともなくなった。 もちろん今でも充実はしている。やるべきこ

bottom of page