• みずき書林

新潮社


いったいなに考えてるんだ。新潮社。

RTはもちろん、リンクも画像もアップしたくないから、ここではテキストだけで話を進めめる。



ここまで露悪的・悪趣味なキャンペーンだと、逆に何らかの意図があるのかもしれないと勘ぐってしまう。


いくらなんでも新潮社のスタッフも、これが下品なキャンペーンであることは自覚していると思われる。

ほんとに面白いと思ってやっているならただ愚かなだけだが、あえてやっているなら余計たちが悪い。

スタッフも作家も、低劣なバカ騒ぎであることを意識してやっているのであれば、たとえ批判されたとしても、

「こっちはそんなことはわかっててやってるんだよ」

「シャレがわかんねえやつはしょうがねえなあ」

「アンチだろうがなんだろうが、騒げば騒ぐほど、俺らの手の平で踊ってるだけ」

という冷笑的なスタンスで開き直って、批判や忠告をかわすつもりなのかもしれない。


炎上させて本を売ろうという目的なのだろうが、そんなことやって明日食うメシがうまいかよ。


ここまであからさまに品がないと、

・アカを乗っ取られでもして、新潮社が知らないところで起こったことなのか。

・この作家の裸の王様感を露呈させるために、自爆スイッチを起動させたのか。

・あるいは、数日後に誰も予想していなかったような痛快なオチをtweetしてくれるんじゃないか。

と、すがるような思いで期待している。




昨晩、以前に仕事をご一緒した先生から、メールをいただきました。

刊行したての新刊を買ってくださり、とても嬉しい感想を伝えてくださいました。

そういう声を聞けるのは、本を作る大きな喜びのひとつです。

そういう声は、やっぱり著者や関係者に伝えたくなります。

感想や意見を著者たちとシェアして、あらためて作った本について話し合うのは、(たとえ批判的な意見だったとしても、それがまっとうなものであるなら)よい体験になります。


でもそれは、褒めちぎってヨイショ感想文を送ったら金券がもらえる、ということとは全然違うのではないですか?

誰に媚びようとしているのでしょうか? 

あるいは誰を小ばかにしようとしているのでしょうか?

良質な版元を代表すべき御社がやることではない。


最新記事

すべて表示

昨日のブログを書いてから、その夜、ひさしぶりに前職の同期に会いました。 そしたら、ブログ記事を吸い出す件、なんとかなると思うと言ってくれて。 で、翌日の今日には、早くも「ブログ記事を全件ダウンロードするプログラム書いたから、明日にでも全件処理するね」というメッセージが。 魔法使いか。 その手のことに全く詳しくない僕は、唖然とするしかありません。 ほんと、ありがとう。 これで懸案がひとつ解決したよ。

以下、なんだかパッとしない話ですが。 みずき書林はこれからも続けていくつもりですが、もしこれから先、存続させることができなくなったときのことも考えておかないといけません。 実は、継続性については、ひとり乃至小規模出版の最大の弱点であり、まだ歴史の浅い小規模出版の世界では、ノウハウが確立されていない問題でもあります。 つまり、ひとりや少人数でやり続けた場合、その人(たち)がいなくなった場合に出版社は