• みずき書林

束見本


出版をやっていると当たり前のことですが、世間的にはあまり知られていないものに〈束見本〉というものがあります。

その名のとおり、完成本とまったく同じ寸法で、同じ用紙・ページ数で作られた、「こんな見た目になりますよ」という見本です。

何に使うかというと、デザイナーさんが装丁を作る際に、背幅を合わせるために使うわけです。

用途はそれだけ。

重要な工程ではありますが、使われるのは一瞬です。



で、手元には、何も印刷されていない、真っ白な本が一冊残ります。

本を作っているとどんどん増えていくものなので、普通は処分してしまいますが、本と同じ製本で作られたものなので、ノートしてもなかなか使いでがあり、落書き帖として最適です。



写真は、『いかアサ』の束見本。

A5判並製・368頁分です(320頁って言ってたの誰だ)。





用紙は、OKアドニスラフW 米坪76g/㎡


2色刷りのことを考えて真っ白な紙にしました。中世っぽさ(?)を少しでも醸し出すために、表面はつるつるではなく、かすかな手触りがあります。

そして、かなり軽いです。


そうとうに分厚い本になりましたが(320頁って言ってたの誰だ)、思いのほか軽いので、持ち運びは便利かと思います。



最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴