• みずき書林

束見本


出版をやっていると当たり前のことですが、世間的にはあまり知られていないものに〈束見本〉というものがあります。

その名のとおり、完成本とまったく同じ寸法で、同じ用紙・ページ数で作られた、「こんな見た目になりますよ」という見本です。

何に使うかというと、デザイナーさんが装丁を作る際に、背幅を合わせるために使うわけです。

用途はそれだけ。

重要な工程ではありますが、使われるのは一瞬です。



で、手元には、何も印刷されていない、真っ白な本が一冊残ります。

本を作っているとどんどん増えていくものなので、普通は処分してしまいますが、本と同じ製本で作られたものなので、ノートしてもなかなか使いでがあり、落書き帖として最適です。



写真は、『いかアサ』の束見本。

A5判並製・368頁分です(320頁って言ってたの誰だ)。





用紙は、OKアドニスラフW 米坪76g/㎡


2色刷りのことを考えて真っ白な紙にしました。中世っぽさ(?)を少しでも醸し出すために、表面はつるつるではなく、かすかな手触りがあります。

そして、かなり軽いです。


そうとうに分厚い本になりましたが(320頁って言ってたの誰だ)、思いのほか軽いので、持ち運びは便利かと思います。



最新記事

すべて表示

遠く離れた同じ景色

画面の左手前に砂浜が映っていて、そこにゆったりとした波が寄せては返します。 砂浜は湾曲しながら遠くまで続いていて、海を迂回するように右に細く伸びています。伸びた先は画面の右奥、海の向こうに、遥かに島が続いています。 空には動かない雲が幾層にも重なっています。 波の音だけ聞こえます。 ともにわずか数十秒の、とてもよく似た景色を映したふたつの動画を、同じ日にもらいました。 ひとつは夕陽で、ひとつは朝日

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.