• みずき書林

来年は

ここ数日で、新企画の種がいくつか芽を出し始めるなど。

ありがたいことに。


去年の今頃も、さ~2020年は忙しくなるぞ~って思ってたんだよね。

ところが、まあご存知のアレで、忙しいっていうよりは何だかヘンな1年だった。

気付いたらずっと肩が外れてぷらんぷらんしてたみたいな。


2020年の刊行物は、単行本が3冊とZINEが2冊。

例によってよく生きてるなって感じなんだけど、来年は1~2月だけで3冊出す。

これはもうほぼ確定路線で、遅れることはない(たぶん)。


年1回、春に出す定期刊行物もあるし、GW明けに出そうねって本もある。

ZINEもvol.5が出せるかなぁ。


さらにここ数日生まれた企画が育てば、(そしてワクチンがうまいこといけば。祈るような気持ちでニュース見てる)来年こそはちゃんと正しい形で忙しくなる。のか。


最新記事

すべて表示

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

プロの授業を聴講

先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。 去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。 大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。 内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。 なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。 1.PCスキルが高い 2.スライドが見やすい 3

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.