• みずき書林

来年は

ここ数日で、新企画の種がいくつか芽を出し始めるなど。

ありがたいことに。


去年の今頃も、さ~2020年は忙しくなるぞ~って思ってたんだよね。

ところが、まあご存知のアレで、忙しいっていうよりは何だかヘンな1年だった。

気付いたらずっと肩が外れてぷらんぷらんしてたみたいな。


2020年の刊行物は、単行本が3冊とZINEが2冊。

例によってよく生きてるなって感じなんだけど、来年は1~2月だけで3冊出す。

これはもうほぼ確定路線で、遅れることはない(たぶん)。


年1回、春に出す定期刊行物もあるし、GW明けに出そうねって本もある。

ZINEもvol.5が出せるかなぁ。


さらにここ数日生まれた企画が育てば、(そしてワクチンがうまいこといけば。祈るような気持ちでニュース見てる)来年こそはちゃんと正しい形で忙しくなる。のか。


最新記事

すべて表示

素敵な大人とは

前期の授業最終日。 いつもはわりと周到に準備をして、何を喋るかもざっと原稿を作って望むのだけど、最後の30分は完全にフリースタイルで。 案の定、フリースタイルで喋ったから、うまく伝えられなったのだけど。 あえて断言しますが、学部の大学生活にとって、授業なんて1割か2割程度の重要度しかありません。 ほかの8~9割は、たとえばサークル活動をしたりバイトをしたり、友だちと徹夜で無意味な議論をしたり酒を飲