• みずき書林

立川へ


7時起床。

洗濯をしながら諸々の仕事を済ませ、外出。

いくつかの用事をこなし、一瞬帰宅して自宅玄関に待機させておいたスーツケースをひっつかんで中央線特急に飛び乗り、一路立川へ。

本日の同行書籍は町田康と菊池成孔。このふたりの文体は、時間が経つのを早くして読む快楽を与えてくれる。彼ら風にいうと、軽い依存性のある薄っすいドラッグみたいな本(讃辞である)。

ルミネ8階で15分で昼食を済ませたら、ひとつうえのフロアへ。設営。

13時から岡本先生のレクチャー。久しぶりにアーサー王絡みの話をまとめて聴く。ジョニー・イングリッシュやジェイムズ・ボンドを援用しつつガウェインと Brexitを結びつけるのは、強引なようでいて実はかなり説得力のあるガウェイン/英国観。エンタメと学術を、古典文芸と現代社会を架橋するという岡本先生のコンセプトの面目躍如。

カルチャーセンターのチラシを見ていたら、近々、音食紀行遠藤さんが登壇とのこと。世間は狭い。

本もけっこう売れる。ガウェイン推しのレクチャーだったのに、アーサー様版が躍進。岡本先生のお父様が『この世の景色』も買ってくれる。早坂先生のファンなのだとか。

いまごろ横浜では『春子の人形』の上映会とトークイベント。そっちの売り上げはどうなったか気になるところ。

新宿にとって返す電車の中でこれを書いている。まもなく中野。明日はここで降りる。

細かい買い物をして、荷物もあるのでとりあえず一旦帰ろう。

まだまだやることがたくさん。





最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン