• みずき書林

花言葉


小社の名前は花水木に由来するのですが、いままで花言葉についてはあまり意識していませんでした。

なぜ花水木にしたかというとこういう事情があるのですが、理由がはっきりしているぶん、花言葉については調べもしないで決めてしまいました。


先日、ちょっと調べてみたところ、花言葉はこんな感じ。

「永続性」

「返礼」

「私の想いを受けてください」

「華やかな恋」



けっこうええ花言葉やないか。


作っているのが本だから、誰かの手元に、図書館に、いつまでも残ってほしい。

「刹那的」「はかない」みたいな花言葉だったらいささか寂しいことですが、「永続性」はいいじゃないの。


「返礼」について。

僕はこの版元を作るに際しては、何人もの人からエネルギーをもらいました。

ひとり出版社とはいえ、ひとりでは持ちようのなかった勇気をもらいました。

そういった人たちに恩返しがしたい、力をもらった「返礼」がしたい、という気持ちは、どこかにあります。


「私の想いを受けてください」もそうですね。

本なのだから、誰かと一緒に作っているのだから。

読者の方々や関係してくれる人たちに受けてほしい(あるいはウケてほしい)という想いは大事です。


「華やかな恋」。

これはまあ、どうだろ。

ムリヤリこじつければ、本作りというのは恋文を認めるようなものではあるかもしれません……。

華やか、では決してないけれど。



最新記事

すべて表示

オンライン、たまに対面

今年はじめて、対面での打ち合わせ。 夕方にすごく久しぶりにデザイン事務所を訪れ、3人でミーティング。 もちろんマスク完備で1時間ほど。 その他の今月のスケジュールは、 ・オンライン会議×1件 ・オンライン研究会×1件 ・オンラインでの自分の授業×2コマ ・オンラインでの他の先生の授業への参加×1件 ・オンライン呑み会×2件 とオンライン・オンパレード。 そのなかにあって、時間帯と場所を選べば――そ

出版計画2021

今年の出版計画。 まだ情報アップできない企画も多いのでゆるっとしか書きませんが……。 大川史織編著 『なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 蘭信三・小倉康嗣・今野日出晴編 『なぜ戦争体験を継承するのか―ポスト体験時代の歴史実践』 この2点はもうすぐ刊行。 それに続くのが、 野入直美著『沖縄-奄美の境界変動と人の移動―実業家・重田辰弥の生活史』 このあたりまでは確定。 そのほか

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.