• みずき書林

花言葉


小社の名前は花水木に由来するのですが、いままで花言葉についてはあまり意識していませんでした。

なぜ花水木にしたかというとこういう事情があるのですが、理由がはっきりしているぶん、花言葉については調べもしないで決めてしまいました。


先日、ちょっと調べてみたところ、花言葉はこんな感じ。

「永続性」

「返礼」

「私の想いを受けてください」

「華やかな恋」



けっこうええ花言葉やないか。


作っているのが本だから、誰かの手元に、図書館に、いつまでも残ってほしい。

「刹那的」「はかない」みたいな花言葉だったらいささか寂しいことですが、「永続性」はいいじゃないの。


「返礼」について。

僕はこの版元を作るに際しては、何人もの人からエネルギーをもらいました。

ひとり出版社とはいえ、ひとりでは持ちようのなかった勇気をもらいました。

そういった人たちに恩返しがしたい、力をもらった「返礼」がしたい、という気持ちは、どこかにあります。


「私の想いを受けてください」もそうですね。

本なのだから、誰かと一緒に作っているのだから。

読者の方々や関係してくれる人たちに受けてほしい(あるいはウケてほしい)という想いは大事です。


「華やかな恋」。

これはまあ、どうだろ。

ムリヤリこじつければ、本作りというのは恋文を認めるようなものではあるかもしれません……。

華やか、では決してないけれど。



最新記事

すべて表示

病気について

みずき書林/岡田林太郎に関わってくださる皆さまへ 先月の15日から31日まで、腸閉塞で入院していました。 開腹手術をして大腸を半分ばかり切除しましたが、おかげさまで手術は成功し、いまは退院して日常生活に戻っています。 ただ、その治療と検査の過程で、胃に癌が見つかりました。 スキルス胃癌という進行の早い厄介な癌で、それがすでに大腸に転移していました。つまり、ステージ4です。 ステージ4のスキルス胃癌