• みずき書林

読書会

金曜日夜は友人たちと読書会。


読書会とはなにか。

べつに特別なことをするわけではなく、飲み屋で語り合うだけ。

ただし、浮世のことは話さない。

会社の愚痴とか、人間関係のしがらみとか、そういう居酒屋の定番トークはナシ。

あくまで一冊のテキストとその周辺について話題にする。



今回のテキストは、平野啓一郎『マチネの終わりに』。

加えて、その映画版。

サブとして話題になったのは、村上春樹と、『つつんで、ひらいて』など。

最後に番外編として詩を2篇読んで12時前くらいにお開き。



そのとき喋った細かいことは記しませんが、メインとなる平野のテキストが、男女の心理描写を行き来するもので、かつ人物たちの年齢がかなり大きなファクターになるものだったので、参加メンバーの最年少と最年長(僕だ)の年齢差が16歳(!!!)あったことや、女性メンバーもいたことなどが好影響でした。


同じテキストを、他者がどのようなアプローチでどんなふうに読んでいるのかを知るのは、とても楽しい。

それぞれに気になった一文は違ったり。

終わり方への感想およびその後の展開予想もぜんぜん違ったり。

でもツッコミどころはだいたい同じだったり(ケータイを水たまりに落とす件!)。


たまにはこういう清談(?)を楽しむのもよいものです。



次はどんな本にしましょうかね。

最新記事

すべて表示

具合悪い。

といっても、流行り病などではない。 朝から飲まず食わずなところへ、発泡剤とバリウムを飲まされて、台の上でぐるんぐるんにされて。 ほんとに嫌いなんだよな。 そのあと、下剤まで飲まされてさ。 これをやるたびに、その日ずっと体調が悪い。 食欲がなく、お腹がどんよりして、10歳くらい歳をとったような気がする。 な~にが健康診断だよ。 この薄甘い水溶きセメントを飲まされるたびに、僕は心身ともに弱っていく。

ゆるゆる決算ふわふわ経理

決算。 税理士さんとの打ち合わせ。 決算・経理系の話し合いだけは、いつになく真面目な顔でやるのですが…… 税「今年はけっこうたくさん本を出しましたね」 僕「はい。それなりに」 税「今年刊行した本を確認していきたいんですが、(書類をめくりながら)まずこのどんどんと……ええと……」 僕「ああ、はい。むきむきですかね」 税「そうですね、どんどんとむきむき。それとこのうとうと……」 僕「うとうと? うとう

「なぜ歴史に関心があるんですか?」

この1週間で、2回同じ質問をされました。 「どうして戦争や近現代史の本を出すようになったんですか?」 2回とも、うまく答えられませんでした。 というか、ひとに言うほどのカッコいいストーリーがあるわけではないんです。 無理に説明しようとすれば、いくつかの要因はあるかもしれません。 たとえば、 『火垂るの墓』を観に行ったとき、隣で号泣していた祖母のこと。 高校時代の担任で、かわいがってくれた歴史の先生