• みずき書林

読書会

金曜日夜は友人たちと読書会。


読書会とはなにか。

べつに特別なことをするわけではなく、飲み屋で語り合うだけ。

ただし、浮世のことは話さない。

会社の愚痴とか、人間関係のしがらみとか、そういう居酒屋の定番トークはナシ。

あくまで一冊のテキストとその周辺について話題にする。



今回のテキストは、平野啓一郎『マチネの終わりに』。

加えて、その映画版。

サブとして話題になったのは、村上春樹と、『つつんで、ひらいて』など。

最後に番外編として詩を2篇読んで12時前くらいにお開き。



そのとき喋った細かいことは記しませんが、メインとなる平野のテキストが、男女の心理描写を行き来するもので、かつ人物たちの年齢がかなり大きなファクターになるものだったので、参加メンバーの最年少と最年長(僕だ)の年齢差が16歳(!!!)あったことや、女性メンバーもいたことなどが好影響でした。


同じテキストを、他者がどのようなアプローチでどんなふうに読んでいるのかを知るのは、とても楽しい。

それぞれに気になった一文は違ったり。

終わり方への感想およびその後の展開予想もぜんぜん違ったり。

でもツッコミどころはだいたい同じだったり(ケータイを水たまりに落とす件!)。


たまにはこういう清談(?)を楽しむのもよいものです。



次はどんな本にしましょうかね。

最新記事

すべて表示

ダンス・ダンス・ダンス

僕らのまわりにある大抵のものは僕らの移動にあわせてみんないつか消えていく。それはどうしようもないことなんだ。消えるべき時がくれば消える。そして消える時が来るまでは消えないんだよ。たとえば君は成長していく。あと二年もしたら、その素敵なワンピースだってサイズがあわなくなる。トーキング・ヘッズも古臭く感じるようになるかもしれない。――『ダンス・ダンス・ダンス』 なんやかんやと言われますが、村上春樹が好き

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.