top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

電子化

創業して2年ちょっとが経って、刊行点数も少しずつ増えました。

カバーのバージョン違いとか、ISBNをつけていないZINEとかありますが、それやこれやでアイテム数が10点以上になりました。


なので、そろそろ電子化のことを真面目に考えようと思います。



電子って、売上額そのものは微々たるものだから、なかなか手が付けられなかったのだけど(そういう意味では自社のオンラインショップに似ている)、どこかでえいやとやってしまわないといけません。



これまでも丸善さんと提携して、図書館や機関向けの電子書籍は販売していましたが、今回はiPadとかkindleとかスマホで読める、いわゆる一般的な電子書籍を作りたいと思っています。



我が社の商品はもちろん文字メインの人文書なのですが、とはいえ写真集のような本もあります。

また、文字メインとはいえ、紙の本のレイアウトにこだわって本文組をしているものもあって、リフローかフィックスか悩ましいアイテムもあります。

(『マーシャル』の冨吾郎日記や『いかアサ』の椿さんコラムや装飾文字は、レイアウトが崩れると、読みやすさや楽しさに影響するからなあ……)



いろいろ悩ましいですが、しかしこの機会に電子化、やれるだけやってしまおうかな。

経験上、こういうのはとにかくやってしまうのが一番。



こういうの、リフローだとどうなる。

最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

打ち合わせなどいろいろ

今日はデザイナーさんと打ち合わせ。 ①『戦争社会学研究』の次号の装丁 ②新企画その1レイアウト ③新企画その2レイアウト の依頼。2時間ほど。NHKの取材も入る。 やはり人と会って仕事を前に進めるのは、楽しい時間だ。 特に今回は思い入れのある新企画がふたつあって、そのレイアウトについて話ができたのは喜ばしい時間だった。宗利さんにお任せすればきっと格好良くていいレイアウトになってくると信じられる。

いまが全盛期

病気になって以来、活動量は減った。 一時はもう仕事はできないと思って会社を閉じようと思い、仕事を整理した時期もあったため、刊行ペースは落ちている。 体力・筋力も落ちて外出もなかなかしづらくなった。打ち合わせは基本的に自宅か、恵比寿・広尾界隈に関係者のかたに来てもらうかたちで行っている。 フットワーク軽くいろんな場所やイベントに出かけていくこともなくなった。 もちろん今でも充実はしている。やるべきこ

Comments


bottom of page