• みずき書林

電子化

創業して2年ちょっとが経って、刊行点数も少しずつ増えました。

カバーのバージョン違いとか、ISBNをつけていないZINEとかありますが、それやこれやでアイテム数が10点以上になりました。


なので、そろそろ電子化のことを真面目に考えようと思います。



電子って、売上額そのものは微々たるものだから、なかなか手が付けられなかったのだけど(そういう意味では自社のオンラインショップに似ている)、どこかでえいやとやってしまわないといけません。



これまでも丸善さんと提携して、図書館や機関向けの電子書籍は販売していましたが、今回はiPadとかkindleとかスマホで読める、いわゆる一般的な電子書籍を作りたいと思っています。



我が社の商品はもちろん文字メインの人文書なのですが、とはいえ写真集のような本もあります。

また、文字メインとはいえ、紙の本のレイアウトにこだわって本文組をしているものもあって、リフローかフィックスか悩ましいアイテムもあります。

(『マーシャル』の冨吾郎日記や『いかアサ』の椿さんコラムや装飾文字は、レイアウトが崩れると、読みやすさや楽しさに影響するからなあ……)



いろいろ悩ましいですが、しかしこの機会に電子化、やれるだけやってしまおうかな。

経験上、こういうのはとにかくやってしまうのが一番。



こういうの、リフローだとどうなる。

最新記事

すべて表示

オンライン、たまに対面

今年はじめて、対面での打ち合わせ。 夕方にすごく久しぶりにデザイン事務所を訪れ、3人でミーティング。 もちろんマスク完備で1時間ほど。 その他の今月のスケジュールは、 ・オンライン会議×1件 ・オンライン研究会×1件 ・オンラインでの自分の授業×2コマ ・オンラインでの他の先生の授業への参加×1件 ・オンライン呑み会×2件 とオンライン・オンパレード。 そのなかにあって、時間帯と場所を選べば――そ

出版計画2021

今年の出版計画。 まだ情報アップできない企画も多いのでゆるっとしか書きませんが……。 大川史織編著 『なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 蘭信三・小倉康嗣・今野日出晴編 『なぜ戦争体験を継承するのか―ポスト体験時代の歴史実践』 この2点はもうすぐ刊行。 それに続くのが、 野入直美著『沖縄-奄美の境界変動と人の移動―実業家・重田辰弥の生活史』 このあたりまでは確定。 そのほか

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.