• みずき書林

電子化

創業して2年ちょっとが経って、刊行点数も少しずつ増えました。

カバーのバージョン違いとか、ISBNをつけていないZINEとかありますが、それやこれやでアイテム数が10点以上になりました。


なので、そろそろ電子化のことを真面目に考えようと思います。



電子って、売上額そのものは微々たるものだから、なかなか手が付けられなかったのだけど(そういう意味では自社のオンラインショップに似ている)、どこかでえいやとやってしまわないといけません。



これまでも丸善さんと提携して、図書館や機関向けの電子書籍は販売していましたが、今回はiPadとかkindleとかスマホで読める、いわゆる一般的な電子書籍を作りたいと思っています。



我が社の商品はもちろん文字メインの人文書なのですが、とはいえ写真集のような本もあります。

また、文字メインとはいえ、紙の本のレイアウトにこだわって本文組をしているものもあって、リフローかフィックスか悩ましいアイテムもあります。

(『マーシャル』の冨吾郎日記や『いかアサ』の椿さんコラムや装飾文字は、レイアウトが崩れると、読みやすさや楽しさに影響するからなあ……)



いろいろ悩ましいですが、しかしこの機会に電子化、やれるだけやってしまおうかな。

経験上、こういうのはとにかくやってしまうのが一番。



こういうの、リフローだとどうなる。

最新記事

すべて表示

病気について

みずき書林/岡田林太郎に関わってくださる皆さまへ 先月の15日から31日まで、腸閉塞で入院していました。 開腹手術をして大腸を半分ばかり切除しましたが、おかげさまで手術は成功し、いまは退院して日常生活に戻っています。 ただ、その治療と検査の過程で、胃に癌が見つかりました。 スキルス胃癌という進行の早い厄介な癌で、それがすでに大腸に転移していました。つまり、ステージ4です。 ステージ4のスキルス胃癌