top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

25日

ひとり出版社をやっていると、固定の休日という考え方が希薄になります。

もちろん土日はお休みという感覚で暮らしていますが、とはいえつい仕事をしてしまうものです。

やらないといけないことがあると気になって、それがある程度の時間を要するものであれば平日を待つ気持ちにもなるのですが、たとえばちょっとしたメールの返信とか発送とか事務手続きとか、ついつい「いまやっとくと平日楽だな」とか思って、手をつけてしまいます。

そういうのをいくつかやっていると、気づくと半日過ぎていたり(フリーランスあるある)。




しかし……毎月25日は…固定の休みにしようかと思わなくもありません。


25日は、支払日なのです。

昔はさ、給料日って嬉しいものだったんだけどね。

いまはもう、ぜんぜんですよ。

取引先各社への支払はいろいろあるし、自分で自分に給料払ったって単なる口座間移動でしかなくて(苦笑)、嬉しくもなんともない。

もろもろの支払を終えると、一気に疲れ果てます。



前職の平社員時代、給料日の社長は、明細を配り終えたら早く帰ってたなぁ……。

あの気持ち、いますごくよくわかる。わかるぜ、社長。



毎月25日は、支払い手続き終えたら休むことにして、薄粥でも煮て過ごそうかしらん。



筒井康隆『狂気の沙汰も金次第』より、山藤章二の分析。毎月の「支払恐怖症」に比べればまだ軽微な症状である。

最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

打ち合わせなどいろいろ

今日はデザイナーさんと打ち合わせ。 ①『戦争社会学研究』の次号の装丁 ②新企画その1レイアウト ③新企画その2レイアウト の依頼。2時間ほど。NHKの取材も入る。 やはり人と会って仕事を前に進めるのは、楽しい時間だ。 特に今回は思い入れのある新企画がふたつあって、そのレイアウトについて話ができたのは喜ばしい時間だった。宗利さんにお任せすればきっと格好良くていいレイアウトになってくると信じられる。

いまが全盛期

病気になって以来、活動量は減った。 一時はもう仕事はできないと思って会社を閉じようと思い、仕事を整理した時期もあったため、刊行ペースは落ちている。 体力・筋力も落ちて外出もなかなかしづらくなった。打ち合わせは基本的に自宅か、恵比寿・広尾界隈に関係者のかたに来てもらうかたちで行っている。 フットワーク軽くいろんな場所やイベントに出かけていくこともなくなった。 もちろん今でも充実はしている。やるべきこ

Kommentare


bottom of page