• みずき書林

25日

ひとり出版社をやっていると、固定の休日という考え方が希薄になります。

もちろん土日はお休みという感覚で暮らしていますが、とはいえつい仕事をしてしまうものです。

やらないといけないことがあると気になって、それがある程度の時間を要するものであれば平日を待つ気持ちにもなるのですが、たとえばちょっとしたメールの返信とか発送とか事務手続きとか、ついつい「いまやっとくと平日楽だな」とか思って、手をつけてしまいます。

そういうのをいくつかやっていると、気づくと半日過ぎていたり(フリーランスあるある)。




しかし……毎月25日は…固定の休みにしようかと思わなくもありません。


25日は、支払日なのです。

昔はさ、給料日って嬉しいものだったんだけどね。

いまはもう、ぜんぜんですよ。

取引先各社への支払はいろいろあるし、自分で自分に給料払ったって単なる口座間移動でしかなくて(苦笑)、嬉しくもなんともない。

もろもろの支払を終えると、一気に疲れ果てます。



前職の平社員時代、給料日の社長は、明細を配り終えたら早く帰ってたなぁ……。

あの気持ち、いますごくよくわかる。わかるぜ、社長。



毎月25日は、支払い手続き終えたら休むことにして、薄粥でも煮て過ごそうかしらん。



筒井康隆『狂気の沙汰も金次第』より、山藤章二の分析。毎月の「支払恐怖症」に比べればまだ軽微な症状である。

最新記事

すべて表示

出版計画2021

今年の出版計画。 まだ情報アップできない企画も多いのでゆるっとしか書きませんが……。 大川史織編著 『なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 蘭信三・小倉康嗣・今野日出晴編 『なぜ戦争体験を継承するのか―ポスト体験時代の歴史実践』 この2点はもうすぐ刊行。 それに続くのが、 野入直美著『沖縄-奄美の境界変動と人の移動―実業家・重田辰弥の生活史』 このあたりまでは確定。 そのほか

2020年、みずき書林の5大ニュース

大晦日ですね。 以下今年のニュース。 順番は重要度ではない。起こった順。 1.正月早々高熱を発して寝込む (寝てたら下瞼のくぼみに汗が溜まるくらい高熱だった。いま思えばあれはインフルだった) 2.紅茶をこぼして、キーボードを壊す。 (地味だ) 3.電子化した (全アイテムはまだなんだけど。しかしわかっていたことではあるが、別に電子化したからといって売り上げが目に見えてアップするわけではなかた……)

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.