• みずき書林

なぜ


秋口の刊行予定が固まりつつある。


まだちょっと固まりきらずに半熟ぎみのところもあるけれど、ひとまず9月以降に3冊くらいか。

もう間もなく7月ということを考えると、けっこう時間はないな。

ちょっとがんばって進めないと。


キーワードは例によって戦争。映画。表現。博物館。歴史実践。社会学。オーラルヒストリー。インタビュー。



と書いてて気付いたが、この秋刊行予定の3冊、ぜんぶタイトルに「なぜ」ということばが入る。なぜか。

なぜだろう?


そんなタイトルをはじめ、細かい情報は近日ドロップ予定。

どれもこれも、我ながら面白いのです。

乞うご期待。



最新記事

すべて表示

病気について

みずき書林/岡田林太郎に関わってくださる皆さまへ 先月の15日から31日まで、腸閉塞で入院していました。 開腹手術をして大腸を半分ばかり切除しましたが、おかげさまで手術は成功し、いまは退院して日常生活に戻っています。 ただ、その治療と検査の過程で、胃に癌が見つかりました。 スキルス胃癌という進行の早い厄介な癌で、それがすでに大腸に転移していました。つまり、ステージ4です。 ステージ4のスキルス胃癌