top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

初心

次の本の入稿作業。


もう何度も見なおしているゲラなのに。

今頃になって。

前付の台割に修正が生じる。

目次と章題の表記が違っていることに気づく。


いずれも軽微というか――組版担当の方にご面倒をおかけしたものの――対応可能な修正ではあったが。

しかし今の今まで見落としていたことに、われながらうんざりする。


この本がISBNを付した市場流通本としては10冊目で、そろそろ油断が出るころかもしれない。

前職ではおそらく300冊近くは本を「担当」してきて、本作りのノウハウだけはさんざんに叩きこまれている。

考えてみれば僕にとって仕事の「初心」とは、ナイーヴで爽やかなものではなかった。それは、良くも悪くも官僚的な進行管理能力と、どのようなタイプの本であれとりあえず形にする量産型の技術のことだった。

(あのころ「年間何冊の担当書を出したか」が、アイデンティティであり評価の基準だった)


だからこそ、この会社を立ち上げてからは、そのノウハウを教わったことはありがたいと感じながら、編集のプロセス・本への向き合い方は意識的に変えてきた。

そうすると、本作りが今まで以上に楽しくなった。


とはいえ、楽しいばかりではいられない。

全面的に心を譲り渡すことはもうないけれど、でもあの「初心」を忘れないようにしないと。


最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

打ち合わせなどいろいろ

今日はデザイナーさんと打ち合わせ。 ①『戦争社会学研究』の次号の装丁 ②新企画その1レイアウト ③新企画その2レイアウト の依頼。2時間ほど。NHKの取材も入る。 やはり人と会って仕事を前に進めるのは、楽しい時間だ。 特に今回は思い入れのある新企画がふたつあって、そのレイアウトについて話ができたのは喜ばしい時間だった。宗利さんにお任せすればきっと格好良くていいレイアウトになってくると信じられる。

Comments


bottom of page