• みずき書林

宝物

退院して2日目。

少しずつ、メールを書いたり、電話をしたりしています。

ワクチンも2度目を終えました。


この間に起こったことは、いずれぼちぼちと書いていきます。

ひとまずこの写真をアップしておきたい。




もういい歳だから、手術が痛くても入院が辛くても泣くことはないけれど、SNSでこの様子を見たときには、ありがたさにさすがにちょっと泣けました。


小さな版元の無名の編集者をここまでフィーチャーして、売上に好影響があったとはとても思えないけれど(笑)、僕にとっては一生の宝物のひとつになりました。


今日電話で話した人は、「どんなに大病をしても、結局のところ、今まで生きてきたようにしか生きていけない」と言いました。

その通りだと思います。

僕は決して立派な人生を歩んできたわけではありませんが、みずき書林を立ち上げておいてよかったと思っているところです。


最新記事

すべて表示

「わたしとはあなたでできている」

つくづく思うけれど、毎日、気持ちは変わります。 我ながら軽率なんじゃないかと思うくらい、気持ちは日々入れ替わります。 昨日はひどい気分でした。 今日はいい日でした。 それは午前中にもらった電話と、午後に会っていた人たちと、今日もらったいくつものメッセージのおかげです。 こうなる前までは、「大人は自分の機嫌は自分でとる」ということばに頷いていました。 毎日いろいろ起こるけど、大人たるもの、精神のバラ