• みずき書林

屋上

日用品の買い物とちょっとした散歩以外では外に出ていません。 もともとインドア派なのでそれほど苦ではないのですが、とはえい気分転換をしないと。


この写真は、自宅マンションの屋上。 マンション自体は7階建てでそれほど高くないのですが、坂を上がった高台にあるので、そこそこ見晴らしはいいです。 なにより、空が開けているのと、誰もいないのがいい。 先日はランチに弁当を食べました。 短時間で気兼ねなく外気に触れるにはもってこいです。 普段はわざわざ行かないかもしれませんが、屋上が開放されているかたは、いまこそ利用してみてはいかがでしょうか。 今朝は屋上で布団を干しました。 布団叩き、というのもけっこうストレス解消になることに気づきました(笑)。 開けた青空の下、ばしばしと思いっきり布団をひっぱたくと、けっこう気持ちいい。 叩き終わってふと見渡すと、向かいのマンションの屋上ではおじさんが一心不乱に縄跳びをしていました。

最新記事

すべて表示

覚悟をうながす経験は、満潮時の波のようにやってくるのかもしれない。 ひたひたと足元に寄せてきたと思うと、危うく足を濡らす寸前で引いていく。 それが何度か繰り返されるうちに、確実に波は水位を増してきて、やがて足を濡らし、徐々に足元を満たしていく。 しばらく続く今回の痛みも、そういう波のような経験のひとつなのだろう。 次の痛みは、今回の痛みよりもほんの少し強いのかもしれない。そうとは気づかないくらい少