top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

明日


諸々の仕事を済ませながら、明日の取材の準備。

書きたいことはいろいろあるけれど、もうこんな時間だし、明日は早起きしないといけないので、もう寝ます。


明日会う人は、作家でもあり、自分と同じように小さな版元を営んでいる方でもあります。

その方々の創業時のブログを読んでいて、(出版社としては一年後輩になる僕が言うのもおこがましい限りですが)健気で一途で、少し涙ぐみそうになりました。


僕も会社を作ってから、あと少しで2年が満了します。

もう2年。とはいえまだ2年。


独立した頃、ぼくはバタバタしすぎていて、アウトプットする余裕もなければ、そういう発想すらなくて、なにも書き残していません。

書いておけばよかったなと、ちょっとばかり後悔があります。


明日会う人は、創業時のことをいろいろとエントリーしていました。

その記事を読んでいて、何か新しいことを始めるドキドキ感と、これでいいのかな? という一抹の不安と、それでもやることがあるという喜びと緊張感と。そういう感じを思い出しました。

僕はきちんと書き残せていませんが、そのドキドキ感と不安と喜びと緊張は、いまなお感じて続けています。

その感情をそのままに、明日会える人がいます。




最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

bottom of page