top of page
  • みずき書林

明日


諸々の仕事を済ませながら、明日の取材の準備。

書きたいことはいろいろあるけれど、もうこんな時間だし、明日は早起きしないといけないので、もう寝ます。


明日会う人は、作家でもあり、自分と同じように小さな版元を営んでいる方でもあります。

その方々の創業時のブログを読んでいて、(出版社としては一年後輩になる僕が言うのもおこがましい限りですが)健気で一途で、少し涙ぐみそうになりました。


僕も会社を作ってから、あと少しで2年が満了します。

もう2年。とはいえまだ2年。


独立した頃、ぼくはバタバタしすぎていて、アウトプットする余裕もなければ、そういう発想すらなくて、なにも書き残していません。

書いておけばよかったなと、ちょっとばかり後悔があります。


明日会う人は、創業時のことをいろいろとエントリーしていました。

その記事を読んでいて、何か新しいことを始めるドキドキ感と、これでいいのかな? という一抹の不安と、それでもやることがあるという喜びと緊張感と。そういう感じを思い出しました。

僕はきちんと書き残せていませんが、そのドキドキ感と不安と喜びと緊張は、いまなお感じて続けています。

その感情をそのままに、明日会える人がいます。




最新記事

すべて表示

新しく出版社を立ち上げた堀郁夫くんのブログを読んでいます。 もともとうちから刊行する予定だった『原爆写真を追う』の新刊情報もアップされました。四十手前の男を捕まえて何ですが、新しいことを始めるひとの初々しさを感じます。 今日は少し、いや、けっこう羨ましい感情が不意に湧き起こって眩暈がするようでした。 僕にはもう新しいことを始める余力はありません。いまやっていることのひとつに、遺言状の制作があります

bottom of page