• みずき書林

病臥


ここ数年はぜんぜん風邪なんかひいてないね。なんて話ししてたら、元旦から発熱。

初詣はおろか、外に出ることすらなく、熱と喉の痛みに耐えてひたすら寝ています。


長い正月休みで油断したのでしょうか。

まあ、ここで一年分の風邪を一気にひききってしまいましょう。

この数日アルコールも入れてないので、年末に酷使した肝臓もゆっくり休んだことでしょう。


ああしかし、久しぶりに風邪ひいたらしんどいなぁ。

げほげほ。


最新記事

すべて表示

朗報がひとつ。 気になる文章がひとつ。 気遣いが嬉しいメールがひとつ。 生きているというのは、ときにひどく切ないねぇ。 我々はみんな、最後の日までは生きている。 その翌日からは、いい思い出と寂しさを残していく。 だからそれまでは、いままでどおり、楽しく笑って会話をしながら――ときどきちょっと涙ぐんだりしながら――やっていこう。みんなで。