top of page
  • みずき書林

薬箱


全国のがん患者のみなさま、こんばんは。


通院してもらう飲み薬って、どんどん増えていきませんか?


僕の場合は、抗がん剤以外にも、痛み止めや便秘・下痢対策、吃逆止めなどなどがそれぞれ数種類ずつあります。いわゆる「お守り」というやつで、こういうのはちょっとずつ増えていく傾向がありますね。


みなさんはそんな大量の薬を、どこに保管してますか?

僕の薬箱はこれ。



この病気がわかった直後に、この3人の方から連名でお見舞いのお菓子を戴いたのです。

その箱をそのまま薬箱に使っています。


この熨斗紙が重要なのです。

これも「お守り」です。お守りの中にお守りが入っているわけです。

最新記事

すべて表示

新しく出版社を立ち上げた堀郁夫くんのブログを読んでいます。 もともとうちから刊行する予定だった『原爆写真を追う』の新刊情報もアップされました。四十手前の男を捕まえて何ですが、新しいことを始めるひとの初々しさを感じます。 今日は少し、いや、けっこう羨ましい感情が不意に湧き起こって眩暈がするようでした。 僕にはもう新しいことを始める余力はありません。いまやっていることのひとつに、遺言状の制作があります

病気がわかって生活が変わる前と比べて自分が不幸になったかと自問してみると、あまりそうとも思えない。 もちろん、あれやこれやと制限は多くなった。なんやかんやと体調も悪い。このあれやこれややなんやかんやの中身を詳しく書き始めるといくらでも書けてしまうということはある。その最大のものとしては、やはり死が年齢不相応に間近なものになった。そういう意味では、不自由のない暮らしからは遠く隔たった。 でもいわゆる

bottom of page