• みずき書林

薬箱


全国のがん患者のみなさま、こんばんは。


通院してもらう飲み薬って、どんどん増えていきませんか?


僕の場合は、抗がん剤以外にも、痛み止めや便秘・下痢対策、吃逆止めなどなどがそれぞれ数種類ずつあります。いわゆる「お守り」というやつで、こういうのはちょっとずつ増えていく傾向がありますね。


みなさんはそんな大量の薬を、どこに保管してますか?

僕の薬箱はこれ。



この病気がわかった直後に、この3人の方から連名でお見舞いのお菓子を戴いたのです。

その箱をそのまま薬箱に使っています。


この熨斗紙が重要なのです。

これも「お守り」です。お守りの中にお守りが入っているわけです。

最新記事

すべて表示

覚悟をうながす経験は、満潮時の波のようにやってくるのかもしれない。 ひたひたと足元に寄せてきたと思うと、危うく足を濡らす寸前で引いていく。 それが何度か繰り返されるうちに、確実に波は水位を増してきて、やがて足を濡らし、徐々に足元を満たしていく。 しばらく続く今回の痛みも、そういう波のような経験のひとつなのだろう。 次の痛みは、今回の痛みよりもほんの少し強いのかもしれない。そうとは気づかないくらい少