• みずき書林

B&Bでトークイベントしてきました

どうして毎日こうすることがあるのだろう。

なんだか慌ただしいねい。

しっかり書きたいことがあるのだけど、なかなか時間と気持ちが集中しない感じ。


ひとまず、木曜に本屋B&Bでトークイベントに参加しました。

内沼さん、飯沼さん、後藤さんと。


そのときの写真です。

当日は目の前にiPadが用意されていたのだけど、後藤さんも僕もべつに自分の顔は見たくないので、zoom画面はオフにしてました。録画もないし、どんな画面だったかわかるよすがは、担当の中西さんが送ってくださったこの写真のみ。



反省はいろいろあるけど、まあ楽しかったからいいや。


著者が何人も見てくださっていて、とてもありがたかった(みんなの本を持参していたので面陳した。僕の前に小宮先生の『いかアサ(ガウェイン)』、大川さんの『マーシャル、父の戦場』、藤岡さんの『タイムトラベル専門書店utoutoZINE』)。


年末から来年、この人たちの本も出すんだー。

そしたらB&Bでトークイベントやってもらおっと。



最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン