• みずき書林

FAXチラシのこと


書店向けFAX講習会に参加してきました。

以前から何度か参加して、既知のことも多かったのですが、こういう機会にほかの版元さんのチラシをあらためて見ると、いろいろ細かい点で学ぶことも多くあります。

わかっているつもりでも、ついついスルーしてしまっていることもたくさんありますし。


備忘録として、FAXチラシの注意点をまとめておきます。


・前提:FAX送信される以上、制作した原稿どおりの見え方をするわけではない。

つまり、相手が見るものは、自分が見ているものよりも必ず劣化している。


〈全体〉

1.ひとはZ字で見る。よって、左上>右上>左下>右下に重要情報を配置

2.文字の大きさ・フォントなどでとにかくメリハリをつける。だらっとテキストを流さない

3.上部に宛先(担当者)と書名、下部に注文短冊。真ん中を自由にレイアウト

4.送信先のFAXを大きく。電話番号はサブ的な扱いで

5.シリーズものや定期刊行物は、毎回レイアウトを統一したほうが、先方の印象に残りやすい


〈文字〉

1.最初に目立たせるべきは「書名」「キャッチコピー」「著者名(有名な場合)」

2.次が書誌情報(とくに値段)と刊行時期

3.説明文や目次はなるべく簡潔に。文字数は最低でも10Pはあったほうがいい

4.小さな文字は明朝をさけ、ゴチのほうが見やすい。


〈図版〉

1.中間色(グレー)は使わない。白と黒で制作する

2.本のチラシなので、図版を使わないのは難しい場合が多い。その場合は中間色をなるべく配してメリハリのある色調に

3.文字を図版にかぶせない。被らせる場合は、地色が暗い場合は白抜き文字+スミ枠にするなど、文字色と背景色のコントラストを強く

4.書影はともかく、カット的な図版は使用しないでいい。



おそらく、一度自分あてにFAXしてみて、仕上がりをチェックしてみるのがいいのだと思います。

制作時は明朝のほうがよく見えても、文字がかすれたり、図版は真っ黒につぶれていて、結局自己満足でしかなかった……ということもありえますので。

・FAXという荒れざるをえない表現方法で

・情報を過不足なく簡潔に伝える

のが重要なので、原稿段階でのカッコよさやデザインにこだわりすぎると、本末転倒になりかねない、ということでしょうね。



そういう意味では、原稿をそのまま見せられる書店営業用の手持ちチラシと、送受信をかませるFAX用のチラシは、細かい点で仕様を変えておくべきなのかもしれません。



原稿はこんな感じですが……

送受信を経たもの。グレーがかった書影はキビしい。

最新記事

すべて表示

出版計画2021

今年の出版計画。 まだ情報アップできない企画も多いのでゆるっとしか書きませんが……。 大川史織編著 『なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 蘭信三・小倉康嗣・今野日出晴編 『なぜ戦争体験を継承するのか―ポスト体験時代の歴史実践』 この2点はもうすぐ刊行。 それに続くのが、 野入直美著『沖縄-奄美の境界変動と人の移動―実業家・重田辰弥の生活史』 このあたりまでは確定。 そのほか

2020年、みずき書林の5大ニュース

大晦日ですね。 以下今年のニュース。 順番は重要度ではない。起こった順。 1.正月早々高熱を発して寝込む (寝てたら下瞼のくぼみに汗が溜まるくらい高熱だった。いま思えばあれはインフルだった) 2.紅茶をこぼして、キーボードを壊す。 (地味だ) 3.電子化した (全アイテムはまだなんだけど。しかしわかっていたことではあるが、別に電子化したからといって売り上げが目に見えてアップするわけではなかた……)

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.