• みずき書林

FAXチラシのこと


書店向けFAX講習会に参加してきました。

以前から何度か参加して、既知のことも多かったのですが、こういう機会にほかの版元さんのチラシをあらためて見ると、いろいろ細かい点で学ぶことも多くあります。

わかっているつもりでも、ついついスルーしてしまっていることもたくさんありますし。


備忘録として、FAXチラシの注意点をまとめておきます。


・前提:FAX送信される以上、制作した原稿どおりの見え方をするわけではない。

つまり、相手が見るものは、自分が見ているものよりも必ず劣化している。


〈全体〉

1.ひとはZ字で見る。よって、左上>右上>左下>右下に重要情報を配置

2.文字の大きさ・フォントなどでとにかくメリハリをつける。だらっとテキストを流さない

3.上部に宛先(担当者)と書名、下部に注文短冊。真ん中を自由にレイアウト

4.送信先のFAXを大きく。電話番号はサブ的な扱いで

5.シリーズものや定期刊行物は、毎回レイアウトを統一したほうが、先方の印象に残りやすい


〈文字〉

1.最初に目立たせるべきは「書名」「キャッチコピー」「著者名(有名な場合)」

2.次が書誌情報(とくに値段)と刊行時期

3.説明文や目次はなるべく簡潔に。文字数は最低でも10Pはあったほうがいい

4.小さな文字は明朝をさけ、ゴチのほうが見やすい。


〈図版〉

1.中間色(グレー)は使わない。白と黒で制作する

2.本のチラシなので、図版を使わないのは難しい場合が多い。その場合は中間色をなるべく配してメリハリのある色調に

3.文字を図版にかぶせない。被らせる場合は、地色が暗い場合は白抜き文字+スミ枠にするなど、文字色と背景色のコントラストを強く

4.書影はともかく、カット的な図版は使用しないでいい。



おそらく、一度自分あてにFAXしてみて、仕上がりをチェックしてみるのがいいのだと思います。

制作時は明朝のほうがよく見えても、文字がかすれたり、図版は真っ黒につぶれていて、結局自己満足でしかなかった……ということもありえますので。

・FAXという荒れざるをえない表現方法で

・情報を過不足なく簡潔に伝える

のが重要なので、原稿段階でのカッコよさやデザインにこだわりすぎると、本末転倒になりかねない、ということでしょうね。



そういう意味では、原稿をそのまま見せられる書店営業用の手持ちチラシと、送受信をかませるFAX用のチラシは、細かい点で仕様を変えておくべきなのかもしれません。



原稿はこんな感じですが……

送受信を経たもの。グレーがかった書影はキビしい。

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.