• みずき書林

Hotter than HELL


唐辛子をくだいて鍋に入れた。

そのすぐあとに、目がかゆい感じがしたので、無意識に右目をちょっと掻いた。

1秒に満たないくらい。

ほんのちょっとだけな。



そしたら、大変なことになった。



顔面の右側で唐辛子を噛んでいる感じ。

目を中心に、右の顔面がちょう熱くなる。

鼻水がとめどなく出てくる。

顔面が、熱い。



唐辛子を触った直後に、絶対に目を触るな。

絶対にだ。


唐辛子を触ったのがたとえ数秒であってもだ。

「唐辛子を触った直後に、絶対に目を触るな」

お兄さんとの約束だ。



すぐに目を洗え(その前にその手を洗え)。

冷たい水をかけつづけろ。

氷で眼のまわりを冷やせ。



うをををと呻きながら、夜のキッチンでひとり悶えた。

夜中に台所でぼくは唐辛子に毒づいた。

死ぬかと思ったよ。


最新記事

すべて表示

28日(水)はデザイナー宗利さんを中心として、宗利さんにお世話になっているひとり出版社仲間が集まって会食。 思えば前職を辞めてみずき書林を立ち上げたとき、真っ先に連絡をとったのが組版の江尻さんと、デザイナーの宗利さんでした。 新しい出版社での仕事は、このおふたりと組めれば最高だと思っていました。 いまなお、ずっと付き合いが続いているのは、とても幸福なことです。 29日(木)はケモ。 10時に家を出