• みずき書林

Hotter than HELL


唐辛子をくだいて鍋に入れた。

そのすぐあとに、目がかゆい感じがしたので、無意識に右目をちょっと掻いた。

1秒に満たないくらい。

ほんのちょっとだけな。



そしたら、大変なことになった。



顔面の右側で唐辛子を噛んでいる感じ。

目を中心に、右の顔面がちょう熱くなる。

鼻水がとめどなく出てくる。

顔面が、熱い。



唐辛子を触った直後に、絶対に目を触るな。

絶対にだ。


唐辛子を触ったのがたとえ数秒であってもだ。

「唐辛子を触った直後に、絶対に目を触るな」

お兄さんとの約束だ。



すぐに目を洗え(その前にその手を洗え)。

冷たい水をかけつづけろ。

氷で眼のまわりを冷やせ。



うをををと呻きながら、夜のキッチンでひとり悶えた。

夜中に台所でぼくは唐辛子に毒づいた。

死ぬかと思ったよ。


最新記事

すべて表示

授業がスタート(たぶん)

ちょっとぼんやりしていると、あっという間に時間が経っていきます。 来週月曜からは授業が始まるのだけど、いまに至るまで履修者情報がアップされない。 何人受講するのだろう? この春から新しく担当するコマなので、人数がよくわからない。 もしかしたら受講者ZERO? それはそれでいいけど。 前任者がやっていた昨年の同名の講義は、10人以内の少人数だったとのこと。 だから演習形式で進めようと思って準備してる