• みずき書林

utouto @吉祥寺――ZINE、オリジナルペンと宿場町


藤岡みなみさんたちのタイムトラベル専門書店utoutoの吉祥寺店に行ってきました。



今回は、powered by みずき書林のZINE「guruguru」がお目見えしています。

utoutoさんにとっても初、小社にとっても初制作のZINEです。

彼女たちの書店経営エッセイに書き下ろしのイラストを添えて、ちょっとトリッキーなしかけも盛り込んでいます。

ぜひお手にとってご覧いただければ!


店舗の一角では、オリジナルのサインペンを作れるという楽しいミニイベントも。

軸のデザイン、お尻にはめる蓋の色、インクの色を選んで、万力みたいなのでガチャッとやってキャップをしめる。しかもペン先は筆。

ちょっとした工作気分が楽しめて、自分だけのペンが作れます。

文房具担当比留川さんに指導いただき、赤ペンを作りました。


さらになかいさんの「時空間旅行者宿場町」の画もあります。

彼女たちが休暇を過ごしている、どこかにある町。

ちゃんと貝塚もあり。

お店を入ってすぐのところに原画が飾ってあります。



ところで、もし過去にタイムスリップしたらどうするか。

僕には「ソングライターになって大金持ちになる」という夢のプランがありました。

小説はとてもじゃないけど丸暗記できないけど、曲だったらまるごと憶えていられますから。

そしたらすでにそういう小説がありました。

五十嵐貴久『1981年のスワンソング』。

店長に勧められて買ってきました。


吉祥寺店は20日まで。

お近くの方はぜひ! 


僕が行ったときには、巨大な白い犬が二頭、入店しようとしていました。

エントランスがウッドデッキになっているので、井の頭公園を散歩中の動物たちも休憩できます。



〈店舗情報〉

期間:2019年10月15日(火)-10月20日(日) 11:00-21:00(最終日17時まで)

場所:キチジョウジギャラリー

住所:〒181ー0001 東京都三鷹市井の頭3-32-16-セブンスターマンション105

・JR中央線 吉祥寺駅徒歩9分

・京王井の頭線 井の頭公園駅徒歩1分



最新記事

すべて表示

遠藤さんと土門さんと大川さん――本屋B&Bでのイベント

小説家の土門蘭さん。 工芸・現代美術家の遠藤薫さん。 映画監督で本書の編著者である大川史織さん。 昨夜は本屋B&Bさんの主催で、3人のトークイベントを行いました。 (アーカイブ視聴もできます。詳しくはこちらを) 2019年の10月、大川さんは遠藤さんに会うために、ベトナムまで行きました。 9月に執筆の依頼をしたら、即座に、うちに泊まればいいからハノイにおいでよとお誘いいただき、取材のついでに映画の

なぜ在庫ありにならないのか―ポスト密林時代の営業実践

タイトルは 『なぜ戦争をえがくのか 戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 『なぜ戦争体験を継承するのか: ポスト体験時代の歴史実践』 のもじりですが、あまりうまくないですね。 さて。 先にも少し書いた通り、Amazon対策として少し遅らせた刊行日、2月22日がやってきました。 上記の2点の書籍は、この日を公式発売日に設定していました。 どうなったかというと。 『なぜ戦争体験を継承するのか』は、本日

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.