• みずき書林

wam(女たちの戦争と平和資料館)


先週、早稲田にあるwam(女たちの戦争と平和資料館、Women's Active Museum on War and Piece)に行ってきました。

母校のキャンパスからすごく近くにあるにもかかわらず、恥ずかしながら在学中はこういう施設があることを知りませんでした。


博物館ではなく「資料館」と銘打っていることからもわかるように、ここは眺める・見る場所ではなく、読む・調べるための場所だと思います。

入館してすぐの、女性たちの顔写真が並んだパネルが有名であり、またひときわ目を引きますが、管内展示は、膨大なテキストと写真、自由に閲覧できる資料に覆われています。

広くはないですが、じっくり観るためにはかなりの時間を要します。



筆舌に尽くしがたい、という表現はなるべく使いたくないのですが、こういうブログでは簡単には書けない思いが生まれます。

「軍が慰安所を作った」という事実について。

そこで女性たちがどんな経験をしていたのか。

日本政府の対応と教科書・教育のこと。


本を何冊か買いました。

女性たちはもちろん、加害者側でもあった元日本軍兵士の何人かの声が載っています。

「4年も戦場にいる間に、私は輪かんに加わり、無抵抗の人を平気で殺す人間になってしまったのです」

「現地を訪れると、当時の光景や中国の人の苦しんだ顔が蘇ってきて、全身が針で刺されるようです」

中国戦線で4年間戦い、それから沖縄戦に参加して捕虜になり、戦後は語り部として中国を含む各地で日本軍がやってきたことを話し続けてきた近藤一さんの言葉です。

「慰安婦裁判」では加害事実の証言もした人です。


© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.