• みずき書林

ZINEスペシャルコンテンツを更新!


タイムトラベル専門書店utoutoさんのZINE、4号mukimukiが発売開始になっています。

あわせて、


〈4号mukimuki発売記念 special contents!〉

あらためて、utoutoZINEの見どころ6つを紹介!


を公開しました。


昨年の夏、恵比寿で出現中に「ZINE作りましょう」みたいな話をしたんじゃなかったかな。

1号完成からほぼ1年が経ち、クラウドファンディングは大成功し、オンラインショップが立ち上がり、いつのまにかZINEも4冊になりました。

今年は店長のオンライン配信も始まり、時間旅行愛好家同士のトークイベントや、読書週間ポスターなど〈いま・ここ〉の現在世界とのコラボレーションも好調です。


世界はすっかり変わってしまいました。

「ある日突然現れる」ように始まったutoutoさんは、リアル店舗の出現がなかった代わりに、「いつもそこにいる」ように、いろんな場所での登場頻度が上がっているような気がします。


立ち上げた1年目、世界の変化に合わせて結果的にインフラ整備と露出が増えた2年目。

3年目は本も作りませう。




最新記事

すべて表示

疲れに効くテキスト

索引のノンブル拾いをしたり、チラシを作ったり、原稿をチェックしたり、授業の準備をしたり、装丁のことを考えたり、合間にご飯を作ったり酒を飲んだり、なにかと忙しい。 忙しくて、ここ数日久しぶりにちょっと疲れている。 疲れているからといって、嫌になっているわけではない。テンションが下がっているわけでもない。 僕の場合、仕事が進んでさえいれば、疲れれば疲れるほどにやにやしてしまうようなところがある。 疲れ

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.