• みずき書林

ZINE4号mukimuki予約開始!


タイムトラベル専門書店utoutoのZINE第4弾、mukimukiの予約受付中です。

明後日には刊行開始予定。


ショートショートを入れる(1号)、時間をさかのぼる(2号)、音楽が聴ける(3号)など毎回しかけを作っていますが、今回も新しいこころみをたくさん盛り込んでいます。


3人のutoutoメンバーの個性がいままで以上に際立っている号なのではないかと思っています。

もちろんなかいさんのイラスト(今日から始まっている読書週間のポスターも手掛けています!)、比留川さんの手書き文字も注目です。

ちょっとだけ増ページでお買い得。



1号の奥付が昨年の10月15日だったので、1年で4号出したことになるわけです。

なかなかのペースではないでしょうか。


思えば、1号と2号はお店で販売したのでした。

3号はまだutoutoオンラインショップが立ち上がる前で、小社サイトで先行発売でした。

そして今回の4号は、utoutoショップで発売できる状態です。

目下予約受付中。

よって、ほとんどの読者はそっちから買うんだろうな。

タイムトラベルパスポートとのセット販売もあるし、ビザもあるし。

何といっても、やっぱり作り手の藤岡さん・なかいさん・比留川さんから直に届く、というのはスペシャル感ある。

(いちお言っておくと、みずき書林で買うと「みずき書林通信」という裏話ペーパーが付いてきますよ!)


いつか、お店でもネットショップでも同時リリースできる日が来ますように。



今回のタイトルは実にすんなり決まりました。

なぜmukimukiなのか。

ぜひお楽しみください。



最新記事

すべて表示

水面下で

『なぜ戦争体験を継承するのか――ポスト体験時代の歴史実践』 のレビューが、women's action network のサイトに掲載されました。 評者はやぎみね様。 「戦争体験の<忘却>と<想起>のはざまで、未来への根源的な問いに迫る労作」 小倉先生の論考を中心に、全体をバランスよくご紹介くださっています。 福島在行先生による「平和博物館関係研究文献リスト(2009~2019)」など、貴重な資料

遠藤さんと土門さんと大川さん――本屋B&Bでのイベント

小説家の土門蘭さん。 工芸・現代美術家の遠藤薫さん。 映画監督で本書の編著者である大川史織さん。 昨夜は本屋B&Bさんの主催で、3人のトークイベントを行いました。 (アーカイブ視聴もできます。詳しくはこちらを) 2019年の10月、大川さんは遠藤さんに会うために、ベトナムまで行きました。 9月に執筆の依頼をしたら、即座に、うちに泊まればいいからハノイにおいでよとお誘いいただき、取材のついでに映画の

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.