ミリタリー・カルチャーの可能性

ミリタリー・カルチャーの可能性

¥3,200価格

こんにち、〈戦争〉と〈文化〉はどのように結びつきうるのか。
今号のふたつの特集に共通するのは、その現代性である。
われわれの平和観・戦争観はどのような地平に立っているのか。
体験者なき時代にそれを語ることには、どのような意味と困難があるのか。

 

〈特集1 ミリタリー・カルチャー研究の可能性を考える〉では「戦争」と「軍事組織」と「文化」の関係を研究することの今日的な意味を考える。『ミリタリー・カルチャー研究』(青弓社、二〇二〇年)は、大規模かつ詳細な社会学的調査にもとづき、戦争・軍事と日本の文化・社会との関係をさまざまな視点から考察し、なおかつそれを専門家ではない読者にもわかりやすく提示した。同書を手掛かりに、戦争観や平和観、あるいは、戦争や軍事に結びついた「趣味」的な文化が現在の日本でどのように絡み合いながら形成されているのかを考究する。

 

〈特集2 戦争体験継承の媒介者たち――ポスト体験時代の継承を考える〉では、現在そして過去における継承やそこに関わる人びとの営為に目を向けることで、〈戦争体験継承〉の可能性を探る。体験を直接伝える人びとがますます減少しつつあるなか、戦争体験の体験者と非体験者の間をつなぐ役割を持つ〈媒介者〉に注目し、体験なき継承のかたちを未来に拓く。

  • 書籍概要

    戦争社会学研究会 編
    A5判並製・カバー装・縦組・320頁
    定価:本体3200円+税
    ISBN:978-4-909710-24-6 C3030
    2022年6月刊行
    ジャンル:社会学・戦争・軍事