ガウェイン卿の物語 アーサー王の円卓騎士の回想

原作:ニール・フィリップ/イラスト:チャールズ・キーピング
/翻訳:岡本広毅

A5判上製・160頁
価格:本体1600円+税
ISBN:978-4-909710-29-1 C0097
2022年11月刊行
装丁・ブックデザイン:宗利淳一

NOW PRINTING.jpg

ダメだ、もう何も考えられない。無念だ……。


緑の騎士、結婚、 聖杯探求、そしてランスロットとの友情と戦いまで――
アーサー王のもっとも忠実な騎士・ガウェインを彩るエピソードが、自身の語りによって蘇る。ファンタジーの第一人者による傑作、待望の邦訳。


2022年11月25日、映画『グリーン・ナイト』公開!

内容紹介

フランスにあるランスロット卿の居城——その外に陣取る天幕の中、熱にうかされ負傷したアーサー王の甥ガウェイン卿が臥している。円卓は瓦解、今や騎士たちは反目し合う状況に。アーサーとガウェインはかつての親友ランスロットを包囲している。ガウェインの不安定な脳裏を巡るこの残酷な現実——彼は若き従者に自らの目を通して見た王国の栄枯盛衰を語る。キリスト教の国王に仕えた高貴なる騎士たちの友情、アーサーの幼少期、魔法の剣を引き抜き王になった背景、不可思議な緑の騎士を巡る自らの冒険、聖杯の探求、そして仲間を引き裂いた敵対心と憎しみ。

アーサー王伝説が一つの連続した物語の中で語り直されることは珍しい。独特の雰囲気を放つチャールズ・キーピングの挿し絵とともに、ニール・フィリップは劇的結末へと向かう勇壮な物語をここに提示した。

目 次

日本語版への序文

Ⅰ. 円卓の騎士たち
Ⅱ. 石に刺さった剣
Ⅲ. オウェイン卿と泉の貴婦人
Ⅳ. ガウェイン卿と緑の騎士
Ⅴ. ガウェイン卿の結婚
Ⅵ. 無名の美男子
Ⅶ. パーシヴァル卿
Ⅷ. 聖杯探求
Ⅸ. 聖杯
Ⅹ. ランスロットとグィネヴィア
Ⅺ. ランスロット追放
Ⅻ. イングランドへの帰還
XⅢ. ガウェインの死


Postscript
原作者ノート

​あとがき

編者プロフィール

ニール・フィリップ
イギリスの作家、民俗学者、詩人。著書にThe Watkins Book of English Folktales, The Cinderella Story, Horse Hooves and Chicken Feet(アメリカ民俗学会 Aesop Award 受賞) など。The New Oxford Book of Children’s Verse を編集。詩集も三冊出している。また、詩人木島始との共同詩集『四行連詩集——〈充たす〉の巻(対訳現代詩ブックレット)』がある。猫、物語、詩、神話、フォークロアをこよなく愛す。

チャールズ・キーピング
イギリスの挿絵作家、児童書作家、版画家。ローズマリー・サトクリフの子ども向け歴史小説の挿絵を手がけ、20冊以上の絵本を制作。ケイト・グリーナウェイ賞を二度受賞。1975年には『たそがれえきのひとびと』でブラティスラヴァ世界絵本原画展「金のりんご賞」を受賞。

岡本広毅
立命館大学准教授。共編著に『いかにしてアーサー王は日本で受容されサブカルチャー界に君臨したか』(みずき書林 2019), 『中世英語英文学研究の多様性とその展望』(春風社 2020)。映画『グリーン・ナイト』(2022)字幕監修。