• みずき書林

「図書新聞」『マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣』書評掲載

やるべきことが増えてグルーヴしてきました。

いろいろ慌ただしく、ブログ更新がなかなかできません。



この間に、「図書新聞」に『マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣』の書評が掲載されました。

評者は西村直子先生。


ヴェーダ文献・言語学の専門家らしく、濃厚な評をいただきました。

沖田先生曰く、「言語学は神話学の兄」。

西村先生も「神話を理解することは言語の機能等を精査する上で不可欠であり、また神話の正確な理解は言語研究があって初めて成り立つ」と書かれています。


タイトルの「神話学の翼」も、「神話学が大きな翼を広げてより高く、自由に羽ばたくために、言語研究は強靭な骨格を提供し得るであろう」との一節に対応します。


ありがとうございます!




最新記事

すべて表示

8月中の記事掲載まとめ

僕が倒れていた8月中に掲載された書評・紹介記事などをまとめておきます。 ★「東奥日報」8月9日(月)★ 『母と暮せば』 評者:青来有一さま 「カトリック信徒への差別やGHQが被爆者を調査はしても治療はしなかった非道な扱いへの怒りを、劇作家がしっかり仕込んでいるのを見逃してはならない」 ★「公明新聞」8月9日(月)★ 『なぜ戦争体験を継承するのか』 評者:福間良明先生 「それにしても、「なぜ戦争体験